2016年02月09日

第61回しべつ雪まつり(1日目)

2月6、7の両日、市内中央公園特設会場にて第61回しべつ雪まつりが開催されました。
IMG_0008.JPG
今年の雪像は、人気アニメ「妖怪ウォッチ」と「さほっち」のコラボレーション
「羊怪サホッチ」。

初日の6日、士別青年会議所では小学生を対象とした「わんぱく雪合戦」を企画。
ルールは雪合戦連盟が定める規則に準じたもので、玉よけとなる「シェルター」も制作。
IMG_7081.JPG

午前11時半から雪像引渡し式、安全祈願祭が行われ、いよいよ正午にまつり開幕!!
IMG_0016.JPGIMG_0020.JPG

雪合戦には、小学生19チーム計57人が出場。
IMG_7098.JPGIMG_7101.JPG
IMG_7106.JPGIMG_7117.JPG
1年生から6年生まで、優勝を目指してたくさんの子供たちが集いました。

IMG_7144.JPGIMG_7152.JPG
選手宣誓、そして担当の太田委員長によるゲームの説明。

いよいよ雪合戦開幕!!
IMG_7254.JPGIMG_7271.JPG
IMG_7258.JPGIMG_7264.JPG
IMG_0056.JPGIMG_0065.JPG
壁越しに雪玉を投げあい、白熱したバトルが展開されました。
2人のサポートで1人が突っ込み旗を奪取したり、3人アウトにしたりと勝敗もさまざま。

低学年の部優勝は「SSS」チーム。親御さんが代わりに表彰状を・・・
IMG_7382.JPG・・・って鈴木副委員長かい!

中学年の部優勝は「雪合戦だいすき」チーム。
IMG_7386.JPG

高学年の部優勝は「YSKモンスターズ」チーム。
IMG_7388.JPG

また雪合戦会場の横では、試合の空き時間を楽しんでもらおうと雪だるま作りを実施。
IMG_7327.JPGIMG_7286.JPG
IMG_7274.JPGIMG_7364.JPG

雪だるまではなく「血だるま」を作る人も・・・。
IMG_7367.JPG

つくった雪だるまは、ステージに並ぶアイスキャンドルの横に設置し、ライトアップ!
IMG_7404.JPG IMG_7400.JPG
たくさんの子供たちにオリジナリティ溢れる雪だるまをつくっていただきました。

1日目の最後は、花火の打ち上げ。
翌日の国際雪ハネ選手権の盛会を祈って、キリリとしばれる士別の夜空を彩りました。
IMG_7511.JPG IMG_7523.JPG IMG_7547.JPG

これにて1日目は終了です。 (2日目に続く)
posted by 総務委員会 at 18:02| 事業報告・活動報告

2016年01月25日

京都会議

1月21日(木)〜24日(日)京都会議が開催され、当会より苔口理事長はじめ2名のメンバーで参加しました。

22日(金)は開会式、会員会議所会議、合同エリアが行われました。
150.JPG
146.JPG
23日(土)は総会、各種セミナーやフォーラムが開催され、会議終了後に当会の友好JCである一般社団法人豊田青年会議所のLOMナイトに参加し、本年も豊田JCの皆様と親睦を深め楽しい時間を一緒に過ごさせていただきました。
137.JPG138.JPG
142.JPG
147.JPG

24日(日)は新年式典が開催され、式典後は小旅行を楽しみました。
143.JPG
参加されたメンバーの皆様お疲れ様でした。
130.JPG133.JPG
129.JPG134.JPG

posted by 総務委員会 at 09:12| 事業報告・活動報告

2016年01月11日

2016年度新年交礼会

2016年1月10日、士別グランドホテルにて 2016年度一般社団法人士別青年会議所新年交礼会を開催いたしました。

IMG_0034.JPGIMG_0035.JPGIMG_0039.JPG
尾崎副理事長のJCIクリード、太田委員長のJCI Mission・Vision、吉田委員長のJC宣言・綱領唱和。

IMG_0055.JPG
第60代理事長、苔口千笑君の所信表明。
「地域を好転させるには、士別のすばらしさを次代を担う子供たちにしっかりと伝え、愛郷心を育んでいくことが必要だ。当会でもこのまちのすばらしさを広く伝える運動を構築し、英知と勇気と情熱を持ってまちづくりに向かうことを誓う」と力強く語りました。

続いて、タイムカプセルの鍵伝達式を執り行いました。

IMG_6912.JPGIMG_6914.JPG
この事業は、39年前の当会の創立20周年記念事業において、つくも水郷公園内に埋設したタイムカプセルを50年後となる創立70周年に開封するために、その鍵を代々継承していくものです。伝達式で、福島直前理事長から苔口理事長へ鍵が手渡されました。


IMG_0058.JPGIMG_0062.JPGIMG_0068.JPGIMG_0071.JPG
士別市長 牧野勇司様、士別商工会議所会頭 千葉道夫様、衆議院議員 今津寛様、衆議院議員 佐々木隆博様に祝辞を賜りました。ご多忙にもかかわらず出席いただき誠にありがとうございました。

祝杯の御発声は、士別青年会議所シニアクラブ会長 宮崎隆雄様より賜り、和やかに祝宴が始まりました。
IMG_0076.JPGIMG_6924.JPG

メンバーは各テーブルを回り、新年度のあいさつ。
IMG_6931.JPGIMG_6930.JPG
IMG_6987.JPGIMG_6993.JPG

祝宴の間に、本年度役員紹介、出向者紹介、新入会員紹介を行いました。
IMG_6934.JPG
IMG_6949.JPGIMG_6952.JPGIMG_6960.JPG

続いて、本年度から新体制となったシニアクラブの役員紹介が行われました。
IMG_6968.JPG

万歳三唱は、士別市議会 丹正臣議長。
IMG_7005.JPGIMG_7006.JPG

恒例の「若い我ら」斉唱のあとは、千葉洋介先輩の一発締めにて閉会。
IMG_7009.JPGIMG_7035.JPG

年始でご多忙の中ご臨席賜ました、来賓の皆様、シニアクラブ先輩方、各地青年会議所会員の皆様、まことに有難うございました。
今年も皆様のご指導・ご高配を賜りますようお願い申し上げます。
posted by 総務委員会 at 15:30| 事業報告・活動報告

第67回通常総会

2016年1月10日、士別グランドホテルにて第67回通常総会が執り行われました。
IMG_6851.JPG IMG_6865.JPG
第59代理事長福島和秀君の挨拶の後、第60代理事長苔口千笑君へバッジが伝達されました。


IMG_6868.JPG
第60代理事長、苔口千笑君の所信表明。

議事は、2015年度の事業報告、決算報告、そして富田克彦監事による監査報告。
昨年度、地域のちから創造委員会委員長として活動し卒業した加藤洋之先輩も出席し、
報告を行いました。

IMG_6886.JPGIMG_6888.JPGIMG_6890.JPG
  総務広報委員会   地域のちから創造委員会 未来にきらめく人財育成委員会
   吉田委員長        加藤委員長       苔口委員長

そのほか、2016年度組織図、年間スケジュール、一般会計・特別会計補正予算の審議が行われ、全会一致で承認されました。

また、新入会員として士別市役所から萩田貴彦君が入会。
IMG_6881.JPGIMG_6884.JPG
2016年度一般社団法人士別青年会議所、苔口丸の出航です。
今年度もよろしくお願いいたします。
IMG_6895.JPG
posted by 総務委員会 at 14:26| 事業報告・活動報告

2016年01月07日

2016年度第1回理事会

明けましておめでとうございます。
2016年1月6日、(一社)士別青年会議所 第1回理事会が行われました。

IMG_6834.JPG IMG_6837.JPG

IMG_6833.JPG IMG_6842.JPG

苔口理事長  尾崎副理事長  尾形副理事長兼専務理事
福島直前理事長兼監事  富田監事
総務先進委員会  吉田委員長  鳴海副委員長  萩田委員
地域興隆推進委員会  太田委員長  鈴木副委員長  新山委員  山岸委員
郷土を愛する人財育成委員会  工藤委員長  高山副委員長  岡田委員

以上15名で2016年度がスタートしました。
創立60周年を翌年に控え、今年度も一層JC運動と地域づくりに邁進致します。
よろしくお願い致します。
posted by 総務委員会 at 17:52| 事業報告・活動報告

2015年12月19日

2015年度 最終理事会

12月17日(木)、士別商工会館にて最終理事会が行われました。
IMG_6815.JPG


IMG_6817.JPG IMG_6822.JPG

今年度の事業報告の審議を行い、すべての案件において無事承認を得ました。
IMG_6825.JPG IMG_6826.JPG

IMG_6827.JPG IMG_6828.JPG

理事長            福島 和秀
副理事長          鈴木 春樹
副理事長          萩尾 健児
専務理事          尾形 良喜
直前理事長兼監事    富田 克彦
監事             千葉 洋介

総務広報委員会             委員長   吉田 航
総務広報委員会             副委員長  尾崎 文映
地域のちから創造委員会       委員長  加藤 洋之
地域のちから創造委員会     副委員長  新山 徳一
未来にきらめく人財育成委員会    委員長  苔口 千笑
未来にきらめく人財育成委員会  副委員長  佐野 貴敬

皆様のご支援・ご協力のもと、当会の運営、例会・事業を滞りなく行うことができましたことを心より御礼申し上げます。
今後とも変わらぬご指導・ご鞭撻、ご協力をお願い致します。




posted by 総務委員会 at 17:55| 事業報告・活動報告

2015年12月10日

12月例会 JC感謝祭

12月6日(日)、士別グランドホテルで12月例会・JC感謝祭が開かれました。

本例会は、今年度の活動を紹介してメンバーの家族にJC運動への理解を
深めていただくとともに、日頃の感謝の意を表してメンバーと家族間の交流を図る目的で
開催いたしました。

IMG_6529.JPG IMG_6530.JPG

会の冒頭には、2015年度の活動を紹介するビデオクリップを上映。
IMG_6539.JPG IMG_6538.JPG

そして、オープニングでは総務広報委員会の吉田委員長が渾身(?)のあいさつ!
IMG_6551.JPG IMG_6552.JPG

福島理事長の挨拶の後、苔口次年度理事長の乾杯で会がスタートしました。
IMG_6567.JPG IMG_6572.JPG

昨年卒業された松本淳先輩、大橋直幸先輩にもご参加いただきました。
IMG_6579.JPG IMG_6583.JPG
IMG_6586.JPG IMG_6589.JPG

そして、日ごろ良い子にしている子供たちにサンタからお菓子のプレゼント!
IMG_6599.JPG IMG_6598.JPG

続いて、ご参加いただいた奥様方には、メンバーから感謝の意を込めて花束を贈呈。
IMG_6604.JPG IMG_6605.JPG
IMG_6615.JPG IMG_6611.JPG
IMG_6617.JPG IMG_6608.JPG
IMG_6621.JPG IMG_6612.JPG
松本先輩からも、奥様に花束!

その後には、アトラクションや抽選会などを行い、メンバーや家族みんなで過ごす
楽しいひとときを演出しました。
IMG_6649.JPG IMG_6651.JPG
IMG_6683.JPG IMG_6691.JPG
IMG_6715.JPG IMG_6724.JPG
IMG_6718.JPG IMG_6717.JPG

最後には、今年度卒業される千葉洋介君、萩尾健児君、加藤洋之君に花束が贈られ、
一言ずつ挨拶をいただきました。
IMG_6763.JPGIMG_6757.JPGIMG_6753.JPG

ご参加いただいた松本先輩、大橋先輩、そしてご家族の皆様に感謝申し上げるとともに、
千葉君、萩尾君、加藤君のご卒業にお祝い申し上げます。
posted by 総務委員会 at 01:04| 事業報告・活動報告

2015年12月09日

第66回通常総会

12月6日(日)、士別グランドホテルにて執り行いました。
福島理事長の挨拶の後、各議事に入りました。
IMG_6437.JPG IMG_6450.JPG
福島理事長 挨拶       議長に岡田慶樹君

議事では、2016年度の理事予定者より次年度の事業計画案、各会計予算案が上程され、
審議を経て可決承認されました。
IMG_6446.JPG IMG_6455.JPG IMG_6458.JPG

IMG_6460.JPG IMG_6461.JPG IMG_6464.JPG

議事終了後、今年度最も活躍した会員に理事長から贈られる会員褒章では、
今年2月に入会以来積極的に参加し、目覚しい成長を遂げた太田壽一君に贈られました。
IMG_6467.JPG

続いて、本年度卒業される千葉洋介君、萩尾健児君、加藤洋之君に感謝状と記念品を贈呈。
IMG_6485.JPG
千葉君は2000年に入会し、16年もの長きにわたりJC運動と地域活動の
第一線で活躍。2007年度、2011年度には理事長を歴任し、
最終の2015年では監事を担当。その知識と経験で我々を支えてくださいました。

IMG_6490.JPG
萩尾君は、2009年度に入会。持ち前のフリーダムなフットワークで
LOM外にも活躍の場を広げ、最終の2015年度は副理事長を担当し、
力強くメンバーを牽引してくれました。

IMG_6494.JPG
加藤君は、2014年度入会。在籍期間2年間と短いながらも、
積極的な参加姿勢で最終の2015年度は地域委員長に抜擢。
そのパワフルな行動力で、メンバーの一体感を高めてくれました。

また、卒業生3名から現会員へ記念品をいただきました。
IMG_6502.JPG

続いて、現会員を代表して監事・富田克彦君が送辞を述べました。
IMG_6504.JPG IMG_6508.JPG
「在籍年数はそれぞれ異なる3名ですが、青年会議所という組織に対する思いを誰よりも
持ち合わせ、この地域のために、自らを犠牲にしてでも活動していくんだという強き志を、
我々に見せてくれました。その志を受け継ぎ、卒業される3名に恥じぬ活動を、
今後も続けていくことを誓います。長い間、お疲れ様でした」と、卒業を祝福。

続いて、卒業生を代表して千葉君が答辞を述べました。
IMG_6509.JPG
「入会したての頃を思い返すと、自分が卒業する2015年度にはすでに士別JCが
なくなっているのではという危惧を持っていましたが、このように同期の卒業生もいる
中で無事卒業できたことに、これまで支えてくださった皆さんや先輩方に感謝します。
奉仕・修練・友情の3信条の中で行われる事業を通して、辛いことはたくさんあると
思いますが、家族や職場の人達、仲間が支えてくれます。どんなときでも支えてくれる、
志を同じくする仲間が必ずいます」と、激励をいただきました。


IMG_6515.JPG
千葉君、萩尾君、加藤君、ご卒業おめでとうございます。
posted by 総務委員会 at 23:33| 事業報告・活動報告

2015年11月21日

11月第二例会 サフォークランド士別プロジェクト事業「もりもり食べよう!羊のまち士別」

11月21日、市内の研修・宿泊施設「つくも青少年の家」にて、開催いたしました。

本例会は、市内の子供たちにサフォークランド士別の成り立ちや
士別産食材のすばらしさなどを伝え、子供たちに愛郷心を育んでもらおうと実施。
羊のまち士別のPR活動を行っている「サフォークランド士別プロジェクト」の協力と、
市教育委員会が実施している「土曜子ども文化村」との連携で事業を企画しました。
IMG_6043.JPG

例会には、市内の小学校に通う児童約50人が参加。
また、士別市長牧野勇司様、教育長安川登志男様、
プロジェクト委員長の千葉道夫様にもお越しいただきました。
IMG_6062.JPGIMG_6079.JPG

担当委員長の苔口千笑君。
IMG_6098.JPG
気合も十分で、本番にレッツゴー!


例会は3部構成。
第1部は、士別市立博物館の学芸員、森久大様を講師に、
サフォークランドの成り立ちや、士別と羊の歴史などを学びました。
IMG_6101.JPGIMG_6125.JPG
IMG_6105.JPGIMG_6149.JPG

第2部は、農業青年団体「BLUE SEEDS(ブルーシーズ)」の谷寿彰様が講師を担当。士別で採れる野菜や羊をテーマにした、○×クイズで食育教室を行いました。
IMG_6172.JPG
「トマトとジャガイモは同じ種類?」
「羊の出産時期は夏?」
「ジャガイモの芽はおいしい?」
などなど、たくさんの問題を次々と出題。子供たちは、自分の経験や知識を使って
回答し、正解すると大きな歓声を上げていました。
IMG_0045.JPG IMG_0044.JPG


第3部は、待ちに待ったおにぎりづくり。
講師は、地元米を使った「しべつむすび」を製造・販売している
女性農業者団体「しべつクル〜ル」の皆様。
IMG_6260.JPG
クル〜ルの代表、平陽子様が、塩の付け方から握り方まで丁寧に説明。
その後子供たちは5、6人のグループに分かれ、クル〜ル会員やJCメンバー、
牧野市長らと一緒におにぎり作りにさっそく挑戦!
IMG_6273.JPGIMG_6276.JPG
IMG_6278.JPGIMG_6301.JPG
安川教育長も握る!
IMG_6270.JPG
千葉委員長も握ります!
IMG_6309.JPG
牧野市長もおにぎり作り!
IMG_6325.JPG

昼食は、おにぎりだけじゃありません!
サフォーク肉の魅力を子供たちにもっともっと理解してもらおうと、
ラム肉を使った「肉じゃが」も用意しました。
士別産の野菜もふんだんに使った、まさに士別づくしの一品!
IMG_6372.JPG
IMG_6370.JPGIMG_6316.JPG
「私がシェフです。」 by高山君

料理がそろったら、冷めないうちに「いただきます!」
IMG_6340.JPGIMG_6346.JPG
IMG_6349.JPGIMG_6352.JPG
シェフだってお腹が減ります。
IMG_6371.JPG

おにぎりも肉じゃがも、子供たちには大好評!
空になった皿を持って、高山シェフに群がります。
IMG_6390.JPG

例会の最後に、牧野市長、安川教育長、千葉委員長のお三方に御挨拶をいただきました。
IMG_6406.JPGIMG_6411.JPGIMG_6401.JPG

子供たちも大満足の様子で、地元で採れる農畜産物の豊かさや地産地消の大切さを
しっかり学んでもらえた例会となりました。

IMG_8809.JPG

ご参加いただいた小学生の皆さんと土曜子ども文化村の皆さん、
そしてお忙しい中ご来場いただいた牧野市長、安川教育長、千葉委員長に感謝申し上げます。

posted by 総務委員会 at 18:55| 事業報告・活動報告

11月第一例会「まちづくり討論会」〜地方の創生と地域力の創造〜

11月13日(金)、士別市民文化センター小ホールにて開催いたしました。

本例会は、当会をはじめ行政、市内団体とともに、
これからのまちづくりに必要な視点や事業展開を
市民全体で考えることを目的として実施しました。
IMG_5811.JPG
討論に参加いただいたのは、士別市長牧野勇司様をはじめ
市民広場みなくる、農業青年団体「BLUE SEEDS(ブルーシーズ)」、
羊まつり実行委員会、水郷公園再開発実行委員会、朝日商工会青年部の各代表者の方々。
どの団体も、まちづくりや地域振興に第一線で活躍している人たちばかりです。
この6名に、我らが福島理事長を加えた計7名で討論を行いました。
討論を進行するコーディネーターは、当会の監事・千葉洋介君が担当。
IMG_5857.JPGIMG_5860.JPGIMG_5862.JPGIMG_5871.JPG
IMG_5876.JPGIMG_5881.JPGIMG_5887.JPGIMG_5869.JPG

討論のテーマは
@士別のイベントについて
A地域ブランドについて(商業・農業)
B市内の各施設について
C士別市の今後の展望について
の計4項目。
IMG_5892.JPG

討論では、
「イベントに取り組む人たちだけがひつじ=士別と認識していても、PRにならない。
 士別市民が誇りを持って士別がひつじのまちと言えるよう、市民全体で改めて
 認識する必要があり、イベントはその効果を狙う側面もある」
IMG_5907.JPG
「市外の人から見ると、士別はイベントが多いというが、情報発信力はまだまだ。
 ボランティアでは限界があり、市外からの収益を生むものにしていくためにも
 積極的な参加姿勢が重要だ」
IMG_5900.JPG
「道外に出ると『北海道ブランド』の強さが分かるが、そのありがたみは中にいると
 理解しにくい。我々にとって、常日ごろ見慣れているものがどれほどすばらしいものかを
 認識することが、確固たる地域ブランドの確立と情報発信力の向上につながる」
IMG_5909.JPG
「さまざまな特産品が次々と生まれる中で、外に向かって常に発信・PRしていく
 姿勢が重要。地域ブランドの定着・振興には露出する頻度を高めることが欠かせない」
IMG_5937.JPG
「人口が減少する中、数多くあるイベントやまちづくりに参画する市民を増やしていくのは
 難しい。活動人口を増やすために団体を統合し、活動の規模を大きくしてはどうか」
IMG_5936.JPG
「まちのことを思って行動する人がどれだけいるかが、いいまちを作れるかどうかを
 決める。新たな活動場所に飛び込むのは勇気がいることだが、我々が率先して
 行動していくことでさまざまな可能性が広がる。
 『このまちはいいまちだ』ということを、次代を担う子供たちに見せ続けることが、
 我々大人の使命だ」
IMG_5919.JPG

などなど、たくさんの意見が出されました。

来場された方からも意見・提案があり、今の士別に必要なことや行動することの大切さを
活発に議論することが出来ました。

IMG_5993.JPG

参加していただいた士別市長牧野勇司様ならびに各団体の代表者様、
そして当日会場まで足を運んでくださった市民の皆様に感謝申し上げます。

posted by 総務委員会 at 17:32| 事業報告・活動報告

2015年10月04日

10月例会 市長講演会・意見交換会「活力溢れるまちづくりを目指して」

10月2日、市生涯学習情報センター「いぶき」にて開催いたしました。
本例会は、まちづくりに関する市の取り組みや、青年による地域活性化についての現状や
課題、今後の展望などを士別市長・牧野勇司様から学び、意見交換を行うことで、
まちづくりについての理解を深めるもので、当会メンバーのほか同年代の青年の皆様にも
参加していただきました。

IMG_5609.JPG

例会は3部構成で、第1部は牧野勇司士別市長のご講演、第2部はグループ討議、
第3部は意見発表・意見交換という流れで実施しました。

IMG_5637.JPG IMG_5633.JPG

講師としてお招きした牧野勇司士別市長は、朝日町との合併で誕生した新士別市の
2代目市長として、現在2期目をつとめております。
講演では、市長の掲げるマニフェストから協働のまちづくり推進事業、
まちづくり基本条例などの施策について語っていただきました。
また、現在市が進めているハード事業、ソフト事業、さらには地方版総合戦略もとりあげ、
現在内容の議論を行っている「農業未来都市創造」「合宿の聖地創造」の2本柱について
ご説明いただきました。

「勇気を持ち、くじけず、目標を持って一つ一つチャレンジして」と
熱い激励もいただきました。

IMG_5634.JPG IMG_5631.JPG

第2部では、牧野市長の講演を聞いて気になったことや分からなかったこと、また市長に
聞いてみたい質問などをグループごとに討議。
短い時間の中での議論でしたが、積極的に意見を出し合いました。

IMG_5640.JPG IMG_5642.JPG

IMG_5644.JPG IMG_5646.JPG

第3部では、第2部で話し合った質問、意見などを牧野市長に発表しました。

IMG_5648.JPG IMG_5655.JPG

IMG_5659.JPG IMG_5663.JPG

牧野市長への意見では、現在再整備を実施している市内のつくも水郷公園についてや
駅前再開発について、市税の使われ方についてなどの質問が出されました。
また、協働のまちづくりに関しては「もっといろんな人が参加できるような手法を」
といった意見や、合宿関連では「合宿に来るトップアスリートと触れ合える空間を
駅前につくっては」という意見もありました。
それぞれの意見に対し、牧野市長からはしっかりとご答弁をいただきました。

今後の士別市を担っていく青年世代の一員として、「自分にできるまちづくりとは何か」に
ついて理解を深めることができた、実り多き例会でした。

IMG_5671.JPG

講師を引き受けてくださった牧野勇司様、また本例会に参加していただいた
青年世代の皆様に感謝申し上げます。
posted by 総務委員会 at 16:28| 事業報告・活動報告

第40回一般社団法人士別青年会議所理事長杯 少年野球大会新人戦

9月12、19日の両日、士別市ふどう野球場、名寄市市営風連球場で
第40回一般社団法人士別青年会議所理事長杯・少年野球大会新人戦を開催いたしました。IMG_5566 - コピー.JPG

第40回目となる本大会には、和寒から稚内までの道北地区から12チームが出場。
名寄北翔野球少年団、名寄ピヤシリ西クラブ野球少年団、名寄南クラブ野球少年団、
美深野球スポーツ少年団、風連町野球スポーツ少年団、士別九十九野球少年団、
士別ファイターズ野球少年団、士別南野球少年団、剣淵ボンバーズ野球少年団、
和寒野球スポーツ少年団、下川野球少年団、稚内野球スポーツ少年団が参加し、
優勝を目指して熱戦を繰り広げました。

初日の12日は、士別市ふどう野球場、名寄市営風連球場の2会場に分かれ、
1回戦、2回戦を実施。
IMG_0143.JPG IMG_0383.JPG

IMG_0183.JPG IMG_0202.JPG

IMG_0212.JPG IMG_0343.JPG

IMG_5409.JPG IMG_0346.JPG

IMG_5371.JPG IMG_0194.JPG IMG_0309.JPG

12日の試合結果は、
▽1回戦
 士別南  8―2 名寄西
  和寒 23―0 美深
名寄北翔 10―0 士別ファイターズ
  稚内  4―2 名寄南

▽2回戦
 士別南  7―4 剣淵
  和寒 10―2 風連
名寄北翔  4―2 士別九十九
  稚内  6―3 下川

でした。

13日に予定していた準決勝・決勝は、雨天のため19日に順延。
2日目はふどう野球場で行われました。

IMG_5451.JPG IMG_5506.JPG

IMG_5532.JPG IMG_5522.JPG

IMG_5507.JPG IMG_5541.JPG

IMG_0032.JPG IMG_0029.JPG

2日目の試合結果は、
▽準決勝
  和寒 10―6 士別南
名寄北翔  6―2 稚内

▽決勝
名寄北翔 4―3 和寒
となりました。

接戦を制し、優勝したのは名寄北翔野球少年団!!
IMG_5584.JPG
2015年度理事長、福島和秀君から優勝杯と表彰状が手渡されました。

IMG_5595.JPG

本大会に出場していただいた少年団の皆様、
ならびに運営にご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

posted by 総務委員会 at 15:13| 事業報告・活動報告

2015年07月11日

6月第一例会 青少年育成事業『うんメェ〜♪パイで「ひつじ」PR大作戦☆』

6月13日、市内外の大型店舗、道の駅で6月第一例会『うんメェ〜♪パイで「ひつじ」PR大作戦☆』による「うんメェ〜♪パイ」の試食販売会が行われました。

今回の菓子制作は、青少年育成事業の一環として「羊肉を使った商品開発」をテーマに企画。士別翔雲高校の商業部(畑田大翔部長、部員7人)と共同で、今年3月から約3カ月かけて進めてきました。

試行錯誤の末完成したパイは、サフォーク羊をかたどったかわいらしいデザインに。
羊の体部分は砂糖の衣がけで白く、顔の部分はココアクッキーで黒くし、
「ひつじの菓子」の大きなポイントとして、ドライ加工した羊肉をふりかけました。
菓子の試作・製造は、市内のもり屋菓子店が協力。
15年士別パイ完成2.JPG

商品名の「うんメェ〜♪パイ」は、高校生が考案。
美味しいの意味の「うめぇ」と羊の鳴き声の「メェ〜」、運命の赤い糸の「運命」の3つの意味がかかっており、パッケージデザインも3つの意味にちなんだものに仕上げました。

13日の試食販売会は、市内の西條士別店、ビッグハウス士別店、剣淵町の道の駅「絵本の里けんぶち」、名寄市風連町の道の駅「もち米の里☆なよろ」の4カ所で開催。当日朝、翔雲高校に集合し、JCメンバーと翔雲高校生の計20人がそれぞれ担当の店舗に向かいました。
IMG_2924.JPGIMG_2927.JPG
IMG_2955.JPGIMG_2953.JPG

午前10時からスタートした試食販売会では、それぞれの会場で高校生が売り子に。
また、市のマスコットキャラクターである「さほっちファミリー」も参加しました。
うんメェ〜♪パイは、4カ所それぞれに300個ずつの計1200個用意しましたが、
こちらの想像を上回る勢いで飛ぶように売れていきました。
IMG_2989.JPGIMG_2990.JPG
IMG_3016.JPGIMG_3022.JPG
IMG_3057.JPGIMG_3034.JPG

お昼ごろには、すべての会場で完売!
中には10個、20個をまとめて購入してくれた方もおり、パイの味も「これは美味しい」と高い評価をいただきました。
IMG_3070.JPG

士別市の新たな特産品づくりに長期間ご協力いただいた士別翔雲高校の商業部の皆様、
また試食販売会にて「うんメェ〜♪パイ」をご購入いただいた皆様に感謝申し上げます。

posted by 総務委員会 at 11:48| 事業報告・活動報告

2015年03月10日

2015年度大雪会議

2月14日、旭川市のトーヨーホテルにて「2015年度大雪会議」が開催されました。

IMG_2231.JPG


同会議は公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会の主催。
毎年この時期に開催され、道北エリアの10LOMが一堂に会します。
道北エリアに所属する各LOMメンバーの資質向上を目的とした研修事業のほか
今年度入会者を対象とした道北アカデミー塾の開校式が行われました。

道北エリア会議には、福島理事長、尾形専務理事が出席。
また、出向役員として富田直前理事長が副議長として、
鈴木副理事長と萩尾副理事長が運営を務めたほか、
主権国家確立委員会副委員長として尾崎副委員長も出席。
さらには、直前道北エリア担当副会長として大橋先輩も駆けつけました。
IMG_2219.JPGIMG_2224.JPG
IMG_2239.JPGIMG_2276.JPG

 
続いて、今年度アカデミー塾開校式には、士別からは入会したての太田壽一君が参加。
IMG_2247.JPGIMG_2250.JPG
アカデミー塾の幹事に立候補し、塾生紹介では溢れんばかりのやる気を見せました。

その後行われたファンクションでは、「地域を牽引するのは俺たちだ」をテーマに
日本JCシニアクラブ・拡大推進委員長の上田博和先輩からのご講演をいただきました。
IMG_2272.JPGIMG_2307.JPG
現在、全国の青年会議所で会員減少が大きな課題となっています。
その中で、危機に瀕したJCをいくつも救ってきた上田先輩の講演はまさに熱血。

「あきらめなければ乗り越えられない壁はない!」
「心のあり方一つで変わるもの。目標を持て、強い意志を持て!」
「ハンパはするな、できないと思うな、まちづくりの先頭に立て!」

上田先輩の言葉一つ一つが心に響き、体も魂もシビれる講演。
参加者全員が引き込まれ、JC運動への思いを一層強めました。
その後のパネルディスカッションでも、上田先輩の薫陶を胸に道北LOMの理事長が
それぞれの熱い思いを語りました。
IMG_2301.JPGIMG_2316.JPG

 そして、締めの「大魂心会」です。
IMG_2326.JPGIMG_2331.JPG

道北の更なる躍進を目指して、酒を酌み交わしLOM同士の交流を深めました。
今年度は多くのLOMが周年を迎えるため、横断幕でここぞとばかりにPR。
IMG_2339.JPG

士別青年会議所も、今年は12年に一度の「ひつじ年」ということで、
尾形専務理事が自前のレスリングウェアに身を包みサフォークランドをアピール。
サフォークカレーや太田君の家で作っている「とろみちゃん」を景品に、
腕相撲大会を開催しました。
IMG_2376.JPGIMG_2383.JPG
IMG_2373.JPGIMG_2349.JPG
IMG_2351.JPGIMG_2343.JPG

道北の絆の強さを再確認し、今年度もほかに負けない盛り上がりになることを確信した1日でした。

IMG_2410.JPG
参加した皆様、大変お疲れ様でした。
posted by 総務委員会 at 16:01| 事業報告・活動報告

2015年02月15日

第60回しべつ雪まつり(2日目)

2月8日、第60回しべつ雪まつりの2日目は、
いよいよ「第16回国際雪ハネ選手権」の開幕です。
IMG_2032.JPG IMG_1646.JPG

雪まつり事業の担当委員長、加藤洋之君も気合十分。
IMG_1617.JPG

今大会では、一般の部37チーム、女子の部7チームの計44チームが出場。
賞金をかけて熱い戦いを繰り広げました。

IMG_1667.JPGIMG_1694.JPG
IMG_1704.JPGIMG_1756.JPG

この日は非常に暖かく、最高気温が4度以上。
ハネる雪がかなり重くなっており、出場者にとっては厳しい戦いとなりました。
IMG_1731.JPGIMG_1947.JPG
IMG_1996.JPGIMG_1937.JPG

出場者もいろいろ。
IMG_1780.JPGIMG_1760.JPG

ゴールもいろいろです。
IMG_1909.JPGIMG_1866.JPG
IMG_1869.JPGIMG_1860.JPG

会場には大勢の観客が集まり、選手たちに声援を送っていました。
IMG_1817.JPGIMG_2007.JPG

女子の部決勝は
「Mat’s」(紋別)
「BTK48」(士別)
「サイボーグ裕美と愉快な仲間たち」(旭川・鷹栖)
の3チームで争われ、昨年3位のMat’sが優勝。
ベストパフォーマンス賞は「南小エレキテル連合」(士別)が獲得しました。
IMG_2098.JPG

一般の部決勝は
「穴掘三等兵」(旭川)
「管理課庶務担当」(士別)
「JA北ひびき野球部チームA」(士別)
の3チームで対戦。昨年優勝を逃した穴掘三等兵が見事制し、金のスコップを獲得。
ベストパフォーマンス賞は、戦隊衣装で挑んだジャンボレンジャー(名寄)の手に。
IMG_2111.JPG

天候にも恵まれ、第16回国際雪ハネ選手権を無事終えることができました。
これもひとえに参加者の皆様をはじめ、大勢の市民の皆様、市内関係各所、
地元企業、士別JCOB等の皆様のご支援、ご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
posted by 総務委員会 at 12:50| 事業報告・活動報告

第60回しべつ雪まつり(1日目)

2月7、8の両日、市内の中央公園特設会場で第60回しべつ雪まつりが開催されました。IMG_1196.JPG
ひつじ年に記念すべき60回目を迎えるということで、会場の大雪像は
士別のキャラクターである「さほっちファミリー」。

初日の7日、メンバーは朝から集合し、準備に取り掛かります。
IMG_1205.JPGIMG_1224.JPG
IMG_1258.JPGIMG_1265.JPG
(一社)士別青年会議所では、子供たちに雪と親しんでもらおうと今年は
「雪玉ストラックアウト」「雪玉バケツ入れ」「雪玉射的」「雪だるま作り体験」を実施。

2月からの新入会員、太田壽一君も本日から参加です。
PIC_0046.JPG

午前11時半から雪像引渡し式、安全祈願祭、開会式がステージで行われ、
いよいよ雪まつりスタートです。
IMG_1287.JPGIMG_1308.JPG

会場には大勢の子供たちが大挙して詰めかけ、
歓声をあげながらゲームを満喫していました。

雪玉ストラックアウト
IMG_1355.JPGIMG_1429.JPG
雪玉バケツ入れ
IMG_1431.JPG
雪玉射的
IMG_1453.JPG
雪だるま作り体験
IMG_1387.JPGIMG_1411.JPG

材料の雪は無尽蔵にあるとはいえ、雪玉と雪だるまの補充も楽じゃありません。
IMG_1455.JPG IMG_1419.JPG

デコレーションが完成した雪だるまは、ステージ前に並ぶアイスキャンドルの横に。
IMG_1472.JPG

会場では、ほかにも滑り台や○×クイズ、サッカー大会など多彩な催しが行われ、
丸一日楽しめる内容でした。
IMG_1376.JPGIMG_1404.JPG
IMG_1504.JPGIMG_1552.JPG

夕方には、アイスキャンドルに火を灯し会場をライトアップ。
これにて1日目は終了です。
IMG_1594.JPG IMG_1603.JPG

(2日目に続く)
posted by 総務委員会 at 12:04| 事業報告・活動報告

2015年01月09日

2015年度第1回理事会

新年明けましておめでとうございます。
2015年1月9日、(一社)士別青年会議所 第1回理事会が行われました。

IMG_0882.JPG IMG_0883.JPG

IMG_0880.JPG IMG_0885.JPG


福島理事長  鈴木副理事長  萩尾副理事長
尾形専務  富田直前理事長兼監事  千葉監事
総務広報委員会 吉田委員長  尾崎副委員長  鳴海委員
地域のちから創造委員会 加藤委員長  新山副委員長  梶谷委員  工藤委員
未来にきらめく人財育成委員会 苔口委員長  佐野副委員長  高山委員

以上16名のメンバーで2015年度がスタートしました。
本年度も明るい豊かなまちづくりに向け精一杯活動して参ります。
宜しくお願い致します。

posted by 総務委員会 at 23:02| 事業報告・活動報告

2014年12月11日

第63回通常総会

12月7日(日)士別グランドホテルにて第63回通常総会が行われました。
IMG_0561.JPG
IMG_0557.JPGIMG_0564.JPG

議事に入る前に梶谷豊明君の新入会員セレモニーが行われました。
梶谷君、士別青年会議所へようこそ!
IMG_0569.JPGIMG_0572.JPG

今年度最後となる総会では以下の2015年度に関する議案を審議し可決承認され、2015年度福島丸の出航準備が整いました。
・議案第1号 2015年度事業方針及び事業計画(案)承認の件
・議案第2号 2015年度一般会計収支予算(案)承認の件
・議案第3号 2015年度特別会計収支予算(案)承認の件
IMG_0578.JPGIMG_0591.JPG
IMG_0601.JPGIMG_0608.JPG

2014年度で最もJC運動に貢献したメンバーを理事長に選んでいただく会員褒賞では加藤委員が選ばれました。
加藤委員おめでとうございます。
IMG_0616.JPGIMG_0618.JPG

最後に卒業予定者の大橋直幸君、松本淳君へ感謝状、記念品贈呈を行いました。
IMG_0623.JPGIMG_0625.JPG
IMG_0629.JPGIMG_0631.JPG

また、卒業予定者のお2人からは卒業記念品の目録をいただきました。
IMG_0635.JPGIMG_0637.JPG
束の間の熱い時を情熱のままに駆け抜けた大橋直幸君、松本淳君ご卒業おめでとうございます。

posted by 総務委員会 at 23:33| 事業報告・活動報告

2014年11月08日

10月例会「北マルシェin士別剣淵」

10月26日、士別市民文化センターにて10月例会「北マルシェin士別剣淵」が開催されました。

本例会は、この地域の魅力ある農畜産物とその加工品を作っている個人、団体の方達に出店いただき、多くの方たちにアピールするとともに、新たな地域グルメの創造・発信など、地域の食文化創出の場とすることを目的とし開催いたしました。

士別の出店は、くる〜る、梨の花、羊と雲と、ブルーシーズ、CUTiEBABY、(一社)士別青年会議所
剣淵の出店は、早乙女養蜂所、福有会の8店舗が出店しました。
IMG_0199.JPGIMG_0187.JPGIMG_0192.JPG
IMG_0160.JPGIMG_0183.JPGIMG_0186.JPG
IMG_0231.JPGIMG_0236.JPG
当会からは新たな地域グルメのとして、まさかりかぼちゃのペーストを使用した、まさかりかぼちゃのポタージュスープとサフォークラム肉を使用したハンバーガーを販売し多くの来場者から好評を得ました。

催しものとして音楽演奏会、ウッドクラフト体験、ベビーマッサージ&スキンケア体験、絵本の読み聞かせ、映画上映会が行われました。
IMG_0271.JPGIMG_0302.JPGIMG_0293.JPG
IMG_0368.JPGIMG_0363.JPG

この例会を通してこの地域で採れた農産物とその加工品を多くの来場者にアピールすることができたと考えます。
また、当会で創造したまさかりかぼちゃのポタージュスープとサフォークバーガーが新たなグルメの創出になったと考えます。
IMG_0179.JPGIMG_0268.JPG
IMG_0165.JPGIMG_0280.JPGIMG_0341.JPG
IMG_0374.JPGIMG_0344.JPG


posted by 総務委員会 at 18:08| 事業報告・活動報告

道北エリア大会

10月18日に名寄の地にて道北エリア会議、道北エリア大会が開催されました。

当会からは富田理事長はじめ11名が参加しました。
IMG_0009.JPGIMG_0017.JPGIMG_0019.JPG

道北エリア会議では、アカデミー研修塾の報告が行われ、加藤委員も塾生として田村塾長の横に並びました。
また、道北エリア大会ではアカデミー研修塾閉校式が行われ、加藤委員が無事アカデミー研修塾の修了証書を授与されました。
IMG_0024.JPGIMG_0023.JPG
IMG_0047.JPGIMG_0063.JPG

道北エリアAWARDでは当会は『士別志民栄誉賞2014』をエントリーしましたが惜しくも受賞を逃しました。
2015年度は道北エリアAWARDを獲得することもひとつの目標とし事業を行ってまいりたいと考えます。
IMG_0035.JPGIMG_0036.JPG

卒業式では大橋直前理事長と松本副理事長が登壇し、道北エリアLOM会員から祝福を受けました。
大橋直前理事長、松本副理事長おめでとうございます。
IMG_0082.JPGIMG_0083.JPG


posted by 総務委員会 at 15:41| 事業報告・活動報告