2017年02月13日

第62回しべつ雪まつり(2日目)

第62回しべつ雪まつりの2日目となる2月5日は、第18回国際雪ハネ選手権が行われました。

今年は一般の部29チーム、女子の部8チームの計37チームが参戦。
北は初山別から南は札幌まで、道内各地から多くのチームが集まりました。
IMG_1159.JPG

この日は昨日と打って変わって、朝は冷え込みが強く、温かい飲み物を片手にした観客が多く見受けられました。
ですが、午後からは青空も見えて暖かくなり、それに連れて大会のボルテージは上がる一方(^^)
手に汗握る熱戦が繰り広げられました!!
IMG_2187.JPGIMG_2103.JPGIMG_2199.JPGIMG_2226.JPGIMG_2319.JPGIMG_2352.JPGIMG_2239.JPGIMG_2327.JPG

運営では、今年も多くの皆様に協力をお願いし、お手伝いいただきました。
IMG_2073.JPGIMG_2130.JPGIMG_2453.JPGIMG_2472.JPGIMG_2433.JPG

会場には、こんなゲストも(*^_^*)
IMG_2210.JPG

そして今年もやってきました、(一社)名寄青年会議所のメンバー。遠藤理事長率いる腕に覚えありのメンバーが、士別の地に殴り込みです!
IMG_2257.JPG

息の合ったプレーでドンドン雪をハネ出していきますが・・・肝心の旗がなかなか取り出せない(^^;
IMG_2276.JPGIMG_2290.JPGIMG_2292.JPG

健闘むなしく予選敗退となりましたが、熱気あふれるプレーで会場を沸かせてくれました。
ご出場いただきありがとうございました。来年もお待ちしております!!
IMG_2307.JPG

女子の部決勝は、
「BTK48」(士別)
「サイボーグ裕美と最強戦士達」(旭川)
「サイボーグ裕美をやっつけたい後輩達」(鷹栖・旭川・上富良野)
の3チームが対戦。昨年王者vs常連チームvs下剋上を狙う常連チームの後輩という、見どころ満載のカードとなりました。
IMG_2481.JPGIMG_2475.JPG

決勝のスターターは、当会今年度理事長の尾形良喜君です。やや緊張の面持ち(^^;
IMG_2485.JPG

激闘の末、優勝を勝ち取ったのは、「サイボーグ裕美をやっつけたい後輩達」!
先輩をやっつけ、表情が喜びにあふれています!!
IMG_2506.JPG

一般の部決勝は、
「穴掘り三等兵」(旭川)
「管理課庶務担当」(士別)
「管理課団担当」(士別)
の3チームが対戦。こちらも昨年の王者vs士別が誇る若き精鋭vsその精鋭たちのパワーあふれる後輩という好カード!

結果は、王者・穴掘り三等兵が貫録の強さをみせて、史上初の三連覇を達成!!恐れ入りました・・・m(_ _;)m
IMG_2532.JPGIMG_2535.JPGIMG_2556.JPG

競技後、表彰式が行われ、優勝チームには賞金と副賞が贈られました。
またベストパフォーマンス賞は、一般の部が「士別南小学校男子」(士別・剣淵・旭川)、女子の部は「BTK48」の受賞となりました。
来年も皆様の参戦をお待ちしております!!
IMG_2595.JPGIMG_2664.JPG

今年もアクシデントなく、盛会に大会を終えることができました。
これもひとえにご参加いただいた出場チームの皆様をはじめ、ご来場いただいた市民、ご支援ご協力いただいた市内各関係機関、地元企業、当会OBなど多くの皆様のおかげであり、深く感謝申し上げます。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 00:06| 事業報告・活動報告

2016年12月24日

2016年度 最終理事会

12月15日、士別商工会館にて最終理事会が行われました。

IMG_1398.JPG

IMG_1399.JPG IMG_1400.JPG

今年度の事業報告の審議を行い、すべての案件において無事承認を得ました。
IMG_1401.JPG IMG_1402.JPG

IMG_1403.JPG IMG_1404.JPG

理事長            苔口 千笑
副理事長          尾崎 文映
副理事長兼専務理事   尾形 良喜
直前理事長兼監事    福島 和秀
監事             富田 克彦

総務先進委員会             委員長   吉田 航
総務先進委員会             副委員長  鳴海 直樹
地域興隆推進委員会          委員長  太田 壽一
地域興隆推進委員会        副委員長  鈴木 春樹
郷土を愛する人財育成委員会    委員長  工藤 雅史
郷土を愛する人財育成委員会  副委員長  高山 良太

皆様のご支援・ご協力のもと、当会の運営、例会・事業を滞りなく行うことができましたことを心より御礼申し上げます。
今後とも変わらぬご指導・ご鞭撻、ご協力をお願い致します。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 14:48| 事業報告・活動報告

12月例会「JC感謝祭」

12月4日、士別グランドホテルにて開催しました。

本例会は、例会の紹介などを通して会員のJCにかける想いを会員家族と共有し、
家族に運動への理解を深めてもらうとともに、日ごろから支えてくれている家族に
感謝の意を表して行うものです。

IMG_1118.JPG IMG_1172.JPG

今年度の活動を紹介するビデオクリップ上映のあと、担当の総務先進委員会委員長、
吉田航君(2年連続2回目)のオープニング挨拶!今年はマタギ(タヌキ連れ)だ!
 20161204_181211.jpg

苔口理事長の挨拶のあと、尾形次年度理事長の乾杯で会がスタートしました。
IMG_1109.JPG IMG_1116.JPG

昨年卒業された千葉洋介先輩、萩尾健児先輩、加藤洋之先輩にもご出席いただきました。
IMG_1345.JPG

和気あいあいと家族サービス!
陰日向で支えてくれる家族に、目いっぱい愛情と感謝を伝えます。
IMG_1134.JPG IMG_1139.JPG

IMG_1141.JPG IMG_1143.JPG

そして、1年間よい子に過ごしてきた子供たちにサンタからプレゼント!
IMG_1169.JPG IMG_1166.JPG

続いて、ご参加いただいた奥様、未来の奥様方に、感謝の気持ちを込めて花束贈呈。
IMG_1174.JPG IMG_1180.JPG

IMG_1187.JPG IMG_1185.JPG

その後には、アトラクションや抽選会などを行い、家族とともに楽しいひとときを過ごしました。
IMG_1199.JPG IMG_1229.JPG

IMG_1200.JPG IMG_1250.JPG

IMG_1237.JPG IMG_1251.JPG

IMG_1269.JPG IMG_1282.JPG

IMG_1289.JPG IMG_1323.JPG

 
会の最後には、今年度卒業される苔口理事長を紹介。ビデオ上映の後、
今年度入会した会員4名より花束とメッセージが送られ、また苔口理事長からも
挨拶をいただきました。
IMG_1333.JPG IMG_1335.JPG

IMG_1341.JPG IMG_1349.JPG


ご参加いただいた千葉先輩、萩尾先輩、加藤先輩そしてご家族の皆様に感謝申し上げるとともに、
苔口君のご卒業にお祝い申し上げます。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 14:39| 事業報告・活動報告

第69回通常総会

12月4日、士別グランドホテルにて開催しました。
苔口理事長の挨拶の後、各議事に入りました。

IMG_1016.JPG IMG_1060.JPG
       苔口理事長 挨拶             議長には工藤雅史君

議事では、2017年度の理事予定者より次年度の事業計画案、各会計予算案が上程され、
審議を経て可決承認されました。

IMG_1032.JPG IMG_1040.JPG IMG_1043.JPG

IMG_1047.JPG IMG_1049.JPG IMG_1052.JPG


議事終了後、今年度最も活躍した会員に理事長から贈られる会員褒章では、
今年6月に入会以来積極的に参加し、来年は委員長を務める宮本直樹君に贈られました。
IMG_1068.JPG

続いて、本年度卒業される苔口理事長に、尾崎筆頭副理事長から感謝状と記念品を贈呈。
IMG_1080.JPG IMG_1086.JPG
苔口理事長は2014年に入会し、15年度には未来にきらめく人財育成委員会委員長、
そして今年度は第60代理事長の大役をつとめました。

また、苔口理事長から現会員へ記念品が贈られました。
IMG_1098.JPG

今年度の卒業生は苔口理事長1名。
最後に、苔口理事長から現会員へメッセージをいただきました。
IMG_1104.JPG
「青年会議所運動の本質とは、JC宣言の中にもある『混沌という未知の可能性を
切り開く』ということ。5年、10年を見据えたときに今私たちがすべきことは何か、
混沌の未来に向かって何をするべきか模索していく、それがJC」
「理論や常識を超えた数多の発想を拾い上げることができるのは青年会議所であり、
未知の可能性を追い続けてください」と激励をいただきました。

苔口理事長、ご卒業おめでとうございます。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 13:52| 事業報告・活動報告

11月例会「ガールズトークでまちづくり」〜みんなで輝く明日の士別カフェ〜

11月20日、士別民文化センターにて開催しました。
今、まちづくりに必要なのは「女性の力」だ!そんな想いから、本例会を企画。
このまちに住む同世代の女性を招き、一緒にまちづくりについて考えました。

IMG_0789.JPG
苔口理事長の挨拶。

IMG_0800.JPG
小酒井基君、入会!

本例会には、当会メンバーと同世代の女性20人に出席いただきました。
IMG_0791.JPG IMG_0792.JPG

IMG_0794.JPG IMG_0793.JPG
いつもは苔口理事長の紅一点で男所帯の当会。この日は非常に華やかで雰囲気も明るい!

担当は、郷土を愛する人財育成委員会。
委員長の工藤雅史君が例会内容を説明します。
IMG_0809.JPG

テーマは「士別市のまちづくり」。
自分が思う「理想のまち」はどんなまちか、士別はその理想にどれだけ近いのか、
理想に近づくためには士別に何が必要か、などなど。
女性ならではの視点から、今の士別とこれからの士別について考えます。

まず最初に、まちづくりの最前線を担う青年団体、わが青年会議所の活動を紹介。
委員会ごとに、今どんなまちづくりをしているのか女性たちに知っていただきます。
IMG_0814.JPG IMG_0815.JPG

IMG_0820.JPG IMG_0824.JPG

その後、6班に分かれてディスカッションスタート!
こんな場所があったらいいな、これがあればもっと住みやすくなるのに。
でもこういう所がある士別はいいと思う、こうすればもっと良くなる。

日々の生活の感想や不満に始まり、果ては教育行政、医療環境、雇用問題に至るまで。
女性の視点で「士別の現状」「理想のまち」を徹底解剖!
IMG_0827.JPG IMG_0826.JPG

IMG_0829.JPG IMG_0832.JPG

グループディスカッションの後は、青年会議所についてを説明。
まちづくりの青年団体として活動するJCとはどんな所で、何を思って運動しているのか。
その理念や運営、組織形態などについて、総務先進委員会委員長の吉田航君が解説します。
IMG_0848.JPG IMG_0846.JPG

例会を通して、参加した女性の皆様には「まちづくりとは何か」を考えていただき、
今後のまちづくり運動への参加意欲を醸成することができました。
また、女性の皆様と意見や想いを共有することで、当会メンバーも
「女性が求めるまちづくり」について意識を広げることができた例会となりました。

IMG_0859.JPG IMG_0863.JPG

例会終了後の懇親会も、華やかな雰囲気の中和気あいあいと交流を深めました。
ご参加いただいた女性の皆様、ならびに特別会員の皆様に感謝申し上げます。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 13:16| 事業報告・活動報告

10月例会「新たなる士別 想像から創造へ」

10月24日、士別市生涯学習情報センター「いぶき」にて開催しました。
来年迎える創立60周年に向けた準備例会第3弾!
新たなる士別の創造を実現するため、メンバー全員で記念事業について議論しました。

IMG_0689.JPG
担当はこの方、創立60周年準備会議議長の尾崎文映君。

IMG_0686.JPG
最後の準備例会だけに、苔口理事長も気合十分。

本例会では、事前に全メンバーに記念事業案を構築してもらいました。
当会が、そしてこのまちが今後更なる飛躍をしていくためには何が必要か。
そして、それを周年の記念事業として行う意義は、目的は、目標は。
メンバーそれぞれが考えた案を、2班に分かれて議論しました。

IMG_0692.JPG IMG_0696.JPG

IMG_0697.JPG IMG_0710.JPG


全メンバーが提出しただけに、その量も種類も豊富!
「友好JCの豊田JCとの交流も30周年だから、ここははずせない!」
「人口減少を食い止めるには雇用だ!企業誘致はどうだろう?」
「いや、地元の子供たちに一歩踏み込んだ職業体験をさせてみては?」
「足元をしっかりしよう!著名な講師を招いて会員の資質向上と組織力向上だ」
「士別市のPRが足りない!ブランド推進委員会でもっと外にアピールしよう!」
「合宿の里士別を盛り上げよう!選手と市民がもっと深く交流できる場をつくろう!」
「いやいや、まずひつじだ!サフォークを盛り上げるべき!」
「空き店舗を何とかするのが先だ!」
「新しいイベントだ!」
「海外観光客誘致だ!」
「街コン!街コン!街コン!」

同じ「士別市」を見ながらも、その先にある将来像は人それぞれ。
青年会議所として、60周年という節目に実施するにふさわしい記念事業とは。
班ごとにそれぞれ3つの案にしぼり、さらにそれを発展させて発表!

IMG_0716.JPG IMG_0715.JPG

IMG_0718.JPG IMG_0720.JPG

IMG_0729.JPG IMG_0733.JPG

IMG_0730.JPG IMG_0739.JPG

例会最後には、来るべき周年に向けて意識と団結力を高めるべく、大旗を作成!
全員で周年への意気込みを書き込み、会を締めくくりました。

IMG_0762.JPG

60年は、十干十二支が1周する大きな節目。
記念すべき創立60周年に向け、今後も邁進してまいります!
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 12:26| 事業報告・活動報告

2016年10月12日

8月例会「第41回士別天塩川まつりへの参画」

8月17日に予定されていた天塩川パレードですが、

残念ながら前日からの荒天により、残念ながら中止となりました。


当会では、天塩川パレードにおけるジュニアみこしの

企画・運営および川舟みこしの参加を予定しておりました。


今年も市内各幼稚園、保育園、小学校の子どもたちが、

それぞれ工夫を凝らして飾り付けを行ったみこし・山車を

作製されましたので、紹介させて頂きます。

(パレード中止の報を受け、早々に撤去された

山車があるため、全て掲載してはおりません)


01. 士別市立北星保育園.JPG

北星保育園


04. 瑞祥幼稚園.JPG

瑞祥幼稚園


05. カトリック士別幼稚園.JPG

カトリック幼稚園


06. 士別南町保育園.JPG

士別南町保育園


07. 士別市立あいの実保育園.JPG

あいの実保育園


08. 士別南小学校PTA 1.JPG

士別南小学校(1)


08. 士別南小学校PTA 2.JPG

士別南小学校(2)


08. 士別南小学校PTA 3.JPG

士別南小学校(3)


09. 士別市立士別小学校1年1組【ほんわかわっしょい!!タイガーみこし】.JPG

士別小学校1年1組「ほんわかわっしょい!!タイガーみこし」


10. 士別市立士別小学校1年2組【ドラゴンみこし】.JPG

士別小学校1年2組「ドラゴンみこし」


11. 士別市立士別小学校2年1組【げんきもりびと】.JPG

士別小学校2年1組「げんきもりびと」


12. 士別市立士別小学校2年2組【きらきらみこし】.JPG

士別小学校2年2組「きらきらみこし」


13. 士別市立士別小学校3年1組【サンキュー イナズマ】.JPG

士別小学校3年1組「サンキュー 雷(イナズマ)」


14. 士別市立士別小学校3年2組【おたすけマンボ】.JPG

士別小学校3年2組「おたすけマンボ」


15. 士別市立士別小学校4年1組【Fight! 4の1】.JPG

士別小学校4年1組「Fight! 4の1」


16. 士別市立士別小学校4年2組【シューティングスターズ 4−2】.JPG

士別小学校4年2組「シューティングスターズ 4―2」



ご協力頂きました市内幼稚園、保育園、小学校、市内関係機関、

地元企業、当会OBなど多くの方々に改めて御礼申し上げます。




posted by 輝く総務情報発信委員会 at 12:52| 事業報告・活動報告

2016年10月02日

9月第三例会「魅力あふれる地域の創造と興隆」

9月30日、士別民文化センターにて開催いたしました。

IMG_0460.JPG

近年、士別の農産物や特色などを生かした「特産品」が色々生み出されていますが、
「これってみんな知ってる? 食べたこと、飲んだことはある?」
という疑問から本例会を企画。
まずはそういった生まれて間もない商品を知り、どのような良さがあるのか、
優れている点はどこなのかを探り、マーケティング戦略につながるアイデアを
出すことが本例会の趣旨です。

今回取り上げたのは、士別翔雲高校生が全面的に企画・制作した「天サイダー」
16年士別天サイダー追加製造.JPG

そして、士別市出身の三分一敬先生が開発した大豆「つくも4号」をつかった
「茶豆のなっとう」の計2品。
茶豆のなっとう.jpg

このほか、参考商品として昨年完成した「五穀甘酒 つぶつぶ」も試飲しました。
3品ともここ最近完成したばかりの商品で、たくさんの可能性を秘めた商品です。
15年士別「つぶつぶ」完成1.JPG

この日の例会には、当会メンバーのほか同世代の市内青年の皆様、
また特別会員の千葉洋介先輩、萩尾健児先輩にもご参加いただきました。
IMG_0471.JPG IMG_0487.JPG

 
最初に、担当委員長の太田壽一君から取り上げる商品の紹介が行われます。
制作の経緯や商品の主たる特色、セールスポイントなどを説明しました。
IMG_0466.JPG

その後、「天サイダー」「茶豆のなっとう」の2商品において
最も効果的なマーケティング戦略を練るべく、2グループずつの
計4グループに分かれて早速協議開始!

IMG_0488.JPG

「この商品にはどのような強みがあり、何がたりないのか」
「ほかの類似商品ではなく、これを選ぶ理由になるものは何か」
「消費者がこの商品に求める欲求と必要性には何があるか」
「どのような宣伝手法が最も効果的か」
「価格の妥当性を高めるにはどのような方法をとるべきか」
などなど、多角的な分析で商品の魅力や課題を掘り下げていきます。

IMG_0492.JPG

販売戦略と言っても、一言では解決しません。
「知名度を上げる」「もっと特色を押し出す」「高付加価値をつける」
どんな商品でも、生産者の思いをのせてさまざまな戦略を展開しています。
その中でも、「天サイダー」「茶豆のなっとう」に最も適した戦略は何か。
試食・試飲しながら議論、議論、また議論!

IMG_0483.JPG

最後に、分析結果とそれによって導き出された戦略を模造紙にまとめます。
IMG_0498.JPG

そして、グループごとに結果を発表。
IMG_0502.JPG IMG_0504.JPG

IMG_0508.JPG IMG_0505.JPG

IMG_0511.JPG IMG_0512.JPG

それぞれのグループからは、
「有名人を起用した広告塔によるメディア宣伝」
「試飲会やコンテストなどによる認知度の向上と商品の魅力周知」
「商品の良さをより伝わりやすくするためのパッケージ改良」
などなど、さまざまなアイデアが出されました。

そして最後に、太田委員長がまとめます。
IMG_0515.JPG

今回取り上げた「天サイダー」と「茶豆のなっとう」、そして「つぶつぶ」。
参加者の中にも、名前は知っていても食べたことはなかったり、
今回初めてその存在を知ったという人もいました。
商品を知るだけでなく、その魅力も存分に理解できた例会となりました。

参加してくださった青年世代の皆様、並びに特別会員の皆様に
感謝申し上げます。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 16:10| 事業報告・活動報告

第41回一般社団法人士別青年会議所理事長杯少年野球大会新人戦

9月10、11の両日、士別市ふどう野球場と名寄市営球場で開催いたしました。

IMG_0010.JPG

第41回目となる本大会には、和寒から稚内までの道北地区から9チームが出場。
名寄北翔野球少年団、名寄ピヤシリ西クラブ野球少年団、名寄南クラブ野球少年団、
美深野球スポーツ少年団、士別九十九野球少年団、士別南野球少年団、
剣淵ボンバーズ野球少年団、和寒野球スポーツ少年団、稚内野球スポーツ少年団が参加し、
優勝を目指して熱戦を繰り広げました。

IMG_0040.JPG IMG_0047.JPG

第60代理事長、苔口千笑君の始球式で、プレイボール!!

IMG_0073.JPG
さあ、ピッチャー振りかぶって・・・
IMG_0075.JPG
よーく狙ってぇ・・・
IMG_0076.JPG
投げたー!前日に投げ込んだ練習の成果は出るのか?届くのかー!?
IMG_0077.JPGポテッ
ダメだ!届かないー!
IMG_0080.JPG
でもストライ〜ク!!


初日の10日は、士別と名寄の2会場に別れて1回戦、2回戦を実施しました。

IMG_0057.JPG IMG_0066.JPG

IMG_0092.JPG IMG_0106.JPG

IMG_0135.JPG IMG_0142.JPG

IMG_0169.JPG IMG_0203.JPG

IMG_0233.JPG IMG_0268.JPG

駆けつけた保護者の皆様や、メンバーも球児たちの頑張りを見守ります。
IMG_0236.JPG IMG_0172.JPGチラッ

IMG_0303.JPG IMG_0178.JPG

10日の試合結果は、
▽1回戦
名寄ピヤシリ西 5―2 士別南

▽2回戦
和寒 6―1 名寄北翔
士別九十九 5―0 名寄南
稚内 9―0 剣淵
名寄ピヤシリ西 13―3 美深

でした。

2日目の11日は、準決勝と決勝が行われました。

IMG_0372.JPG IMG_0373.JPG

IMG_0367.JPG IMG_0383.JPG

IMG_0416.JPG IMG_0436.JPG

2日目の試合結果は、

▽準決勝
和寒 6―2 名寄ピヤシリ西
稚内 10―0 士別九十九

▽決勝
稚内 1―0 和寒

でした。

互いに一点も与えない大接戦の投手戦を制したのは、稚内野球少年団!
IMG_0446.JPG
初優勝を飾った稚内野球少年団に、苔口理事長から優勝杯と表彰状が贈られました。
IMG_0454.JPG

本大会に出場していただいた少年団の皆様、
ならびに運営にご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。

posted by 輝く総務情報発信委員会 at 14:33| 事業報告・活動報告

7月第二例会「進メェ〜羊のまちの探検隊」〜すごろくバトルで勝利をつかめ〜

7月30日、士別市内の国道40号沿い・中心商店街周辺にて開催いたしました。
少子化が進む昨今、ここ士別でも地元商店街から子ども達の姿が失われつつあります。
そんな街なかに子ども達の歓声を取り戻すべく、地元商店街や団体と協力し、
地元の魅力を再発見してもらおうと実施しました。

IMG_5036.JPG IMG_5029.JPG

本例会は、士別市中心商店街振興組合の加盟店様ならびにサフォークスタンプ協同組合様、
さらには地元高校の士別翔雲高校生にも協力を依頼。
中心市街地にある商店をすごろくの「コマ」に見立てて、さいころを振って行き先を決める
「すごろくバトル」を企画。例会には、13チーム約70人の地元小学生が集まりました。

IMG_0841.JPG IMG_0824.JPG
すごろくを確認して、サイコロを振っていざスタート!!

ご協力いただいたお店は、全部で26店舗!
出た目のお店に行き、そこで出題されるミッションをクリアしてゴールを目指します。
各店舗では売っている物やお店の歴史などを学びつつ、商店街を駆け巡る!

IMG_5045.JPG IMG_5051.JPG

IMG_0892.JPG IMG_5057.JPG

IMG_5080.JPG IMG_5183.JPG

IMG_5067.JPG IMG_0933.JPG

 
全チーム帰還後には、士別の特産品などが当たる抽選会を実施。
ふるさと士別が持っているまちの魅力を再発見した子ども達も存分に楽しんだ様子で、
大きな拍手と歓声とともに会を締めくくりました。

IMG_5118.JPG IMG_5140.JPG

IMG_5165.JPG IMG_5159.JPG

ご参加くださいました小学生の皆様と保護者の方々、
およびご協力いただきました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。


posted by 輝く総務情報発信委員会 at 13:34| 事業報告・活動報告

2016年09月23日

第65回北海道地区大会 函館大会

9月2日(金)〜4日(日)の日程で「With PRIDE誇れる北海道を未来へ」を大会テーマに第65回北海道地区大会函館大会が開催されました。
当会からは苔口理事長はじめ6名のメンバーで参加しました。

北海道政策コンテストでは最終審査に残りました函館JC、苫小牧JC、北見JC、恵庭JCの4LOMが公開プレゼンテーションを行い、恵庭JCのえにわハッピーハロウィンがグランプリを受賞しました。
IMG_9838.JPGIMG_9839.JPG
IMG_9842.JPGIMG_9846.JPG
IMG_9864.JPG

全道アカデミーでは当会より宮本直樹君が出席し同業種と同人口帯でグループディスカッションを行い、エリアの枠を超えた交流を図りました。
こちらでは、道北エリア運営会議 議長の富田克彦君が運営に携わっておりました。
IMG_9883.JPGIMG_9884.JPG
IMG_9871.JPGIMG_9876.JPG

大会式典では多くの来賓の祝辞を賜り、2016年度の活動報告が行われました。
その後、2016年度で40歳を迎えるメンバーを見送る卒業式では、苔口理事長が登壇し、全道各地より集まったメンバーと共に祝福を受けました。
IMG_9928.JPGIMG_9850.JPG
IMG_9952.JPG
IMG_9968.JPG
IMG_9972.JPG

posted by 輝く総務情報発信委員会 at 10:34| 事業報告・活動報告

2016年08月07日

2016年度創立記念例会

7月24日(日)、午後6時より士別グランドホテルにて開催しました。
総務先進委員会によるセレモニーからはじまり、理事長挨拶、来賓祝辞、報告事項、祝杯が行われました。

IMG_9498.JPG IMG_9502.JPG
苔口理事長の挨拶。
IMG_9507.JPG IMG_9519.JPG
士別市長牧野勇司様、士別青年会議所シニアクラブ会長の宮崎隆雄先輩から祝辞を賜りました。

そして報告事項では、先般の第68回通常総会にて決定した2017年度理事長予定者、
尾形良喜君が、苔口理事長より紹介されました。
IMG_9534.JPG
尾形次年度は「創立60周年に向け、会員全員一枚岩となって取り組んでいく」と
力強い抱負を語りました。

祝杯の音頭は、士別商工会議所会頭の千葉道夫様。
IMG_9563.JPG

次に、士別志民栄誉賞2016の授賞式が執り行われました。
今年度は、市内の千草生花店に勤務する千葉晃樹様に授与しました。
千葉様は、花やフラワーアレンジの魅力を発信すべく、地元を中心に
教室、講習会の講師として活動する傍ら、ジャパンカップやサッポロカップなど
数多くの大会に出場し、すばらしい成績を残しております。
IMG_9584.JPG IMG_9588.JPG
苔口理事長から羊皮紙製表彰状と副賞が贈られました。

続いて上半期の事業をまとめた映像の上映と、各委員会報告が行われました。
IMG_9600.JPG IMG_9610.JPG
総務先進委員会、吉田委員長          地域興隆推進委員会、太田委員長
IMG_9620.JPG IMG_9626.JPG
郷土を愛する人財育成委員会、工藤委員長    創立60周年準備会議、尾崎議長
IMG_9633.JPG IMG_9638.JPG
合わせて出向者の報告、新入会員の紹介も行いました。

次にニコニコBOXが福島和秀直前理事長の進行で行われ、ご来賓の皆様や
シニアクラブの先輩諸兄から熱い叱咤激励とエールを賜りました。
IMG_9670.JPG IMG_9678.JPG

IMG_9680.JPG IMG_9687.JPG

IMG_9697.JPG IMG_9714.JPG

最後は、若い我らの斉唱。そして、士別市議会副議長の谷口隆徳様の一発締めで例会が終了。
IMG_9725.JPG IMG_9733.JPG

さらに今年は、来年に控えた創立60周年に向けて敬愛する先輩諸兄から多くを学ぼうと、
シニアクラブと合同で2次会を開催。ご来賓の方々にも参加いただき交流を深めるとともに
周年の知識や経験、士別青年会議所の歴史や先輩たちの思いなどを拝聴しました。
IMG_9743.JPG IMG_9745.JPG

IMG_9754.JPG IMG_9756.JPG

IMG_9758.JPG IMG_9762.JPG

ご来賓の皆様、士別青年会議所シニアクラブ会員の皆様、大勢のご臨席を賜り誠にありがとうございました。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 12:03| 事業報告・活動報告

第68回通常総会

7月24日(日)午後3時より士別グランドホテルにて第68回通常総会を開催しました。
苔口理事長の挨拶の後、ただちに各議事に入りました。

IMG_9433.JPG IMG_9445.JPG
       苔口理事長 挨拶              議長に鈴木春樹君

推薦委員会により2017年度の理事長予定者、監事予定者が推薦され、
全会一致で可決承認されました。
また、選挙管理委員会の立会いのもと直接選挙により理事者6名、指名理事として
2017年度理事長予定者より2名の理事者が選出され、可決承認されました。

IMG_9454.JPG IMG_9460.JPG

すべての議事において全会一致で可決承認され、創立60周年を迎える2017年度の体制が
決定しました。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 11:06| 事業報告・活動報告

2016年07月26日

6月例会「新たな10年を描こう 未来への道標

6月28日、士別市民文化センター1階研修室にて開催いたしました。
士別青年会議所が来年創立60周年を迎え、今後10年を見据えて新しく運動方針を策定していく趣旨で、
本例会を開催しました。

IMG_9296.JPG
苔口理事長の挨拶

IMG_9303.JPGIMG_9309.JPG
新入会員の五十嵐翔悟君(左)と宮本直樹君(右)

IMG_9326.JPG
例会担当は、創立60周年準備会議。議長を務める尾崎文映君が説明します。

例会は2部構成で、第1部では3つの班に分かれて、会議体副議長の進行によるグループワーク方式で
今後10年を見据えた当会の展望や当会に望むこと、まちの未来予想図などを自由な発想で語ってもらい、
メンバー同士が互いの思いを理解・共有するとともに、当会が目指すべき方向性、目指したい方向性を議論しました。
そして士別を更に発展させるための、10年後を想定した当会の運動方針とテーマを各班に作成していただきました。

IMG_9333.JPGIMG_9334.JPG
IMG_9335.JPGIMG_9336.JPG
IMG_9351.JPG
第1部ではメンバーから多くの意見を出してもらうために、メンバー全員により当会の10年後を想定したアンケート調査と
市民100人ほどから士別と青年会議所にたいする意識調査アンケートを取り、共に士別と士別青年会議所に何を求めているか、
青年会議所が何をすべきかメンバー一人ひとりが意見を確りと発言し、意見を共有しあうことで周年に対する意識喚起にも繋がりました。

また、本例会には特別会員の千葉先輩、萩尾先輩、加藤先輩にもご参加いただきました。誠にありがとうございました。
 
IMG_9361.JPGIMG_9377.JPG
IMG_9383.JPG

第2部では、第1部で作成した各班の運動方針やテーマを発表いただき、
この3つの方針から、更に意見を集約し統一するための議論を重ねました。
メンバー全員が士別をより良くするために、熱い意見を打ち出しました。
IMG_9397.JPG
ファシリテーターには吉田副議長
 
本例会終了時には一つに纏めるのには至りませんでしたが、この各班から出た方針を当会議体で持ち帰り、士別を更に発展させる新たな運動方針を候補として構築することができました。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 22:51| 事業報告・活動報告

2016年05月29日

5月例会・ミニバレー交流会「つながる想い、ひろがる絆」

5月28日、士別市勤労者センター体育館にて開催いたしました。
本例会は、ミニバレーボール大会を通じて入会候補者とJCメンバーの交流を深め、
会員拡大へとつなげるとともに、各諸団体との連携の強化につなげる目的で実施。

IMG_8596.JPG

今回で3回目となるミニバレー交流会。今年は市内の各諸団体から7団体、
個人では9人の参加があり、計9チーム総勢約70人で開催。

IMG_8598.JPG IMG_8610.JPG

苔口理事長のあいさつの後、担当委員会の地域興隆推進委員会、
太田委員長から大会の説明が行われます。
IMG_8607.JPG IMG_8618.JPG

選手宣誓は、現在2連覇中の士別市職労・保育士チーム「だだんおーるすたぁず」。
スポーツマンシップに則り、王座奪還を目指すすべてのチームを
返り討ちにすることを誓って他チームを煽ります(笑)

IMG_8628.JPG

ラジオ体操の後、早速ゲームスタート!

IMG_8638.JPG IMG_8614.JPG

ゲームは、4チームと5チームの2ブロックリーグ戦。
それぞれのリーグで順位が確定した後、同じ順位同士が戦います。

IMG_8686.JPG IMG_8716.JPG

IMG_8690.JPG IMG_8721.JPG

IMG_8734.JPG IMG_8755.JPG

IMG_8756.JPG IMG_8765.JPG

IMG_8767.JPG IMG_8862.JPG

運動不足だろうが未経験だろうが関係なし!
声を掛け合ってボールを回し、白熱した試合を展開。
試合を終えるごとにチームワークも高まり、参加者の顔には汗と笑顔が輝いていました。

IMG_8697.JPG IMG_8699.JPG

IMG_8707.JPG IMG_8709.JPG

IMG_8723.JPG IMG_8745.JPG

今回の優勝は、やはり強かった士別市職労保育士チーム「だだんおーるすたぁず」。
その牙城を崩すことはどのチームもかなわず、3連覇を達成しました。

IMG_8885.JPG IMG_8902.JPG

準優勝は、同じく士別市職労チーム「ポール」でした。

IMG_8907.JPG

大会終了後には、市総合体育館裏の駐車場にて懇親会を開催。
焼肉とお酒で疲れを癒しながら大会を振り返り、交流を深めました。

IMG_8923.JPG

IMG_8927.JPG IMG_8928.JPG

IMG_8929.JPG IMG_8948.JPG

お忙しい中ご参加くださいました皆様に、感謝申し上げます。

IMG_8909.JPG
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 13:20| 事業報告・活動報告

2016年04月29日

4月第二例会「THE ネゴシエイター」

4月28日、士別商工会館にて開催いたしました。
会員拡大が喫緊の課題となっている当会において、いま必要なのは「交渉力」!
地域に眠る青年世代の候補者と相対したとき、どのような勧誘をするのか。
交渉のイロハを学び、資質を向上しようというのが本例会の趣旨です。

IMG_8489.JPG
担当の工藤委員長。

この日は新入会員セレモニーも行われました。
北星信用金庫から出向してきたニューフェイス、田村俊樹君と
先日の異業種交流会でスピード入会を決めた、山本政史君。
IMG_8507.JPG IMG_8511.JPG

田村君は「JC活動を通して地域社会への奉仕を行いたい」、
山本君は「どんどん皆さんとコミュニケーションをとって、日々精進します」と
それぞれ抱負を語りました。

また、この日はオブザーブとして入会秒読みの五十嵐翔吾君も参加。
五十嵐君も、先日の異業種交流会に参加いただいた農家のホープです。
IMG_8542.JPG

特別会員の千葉先輩、加藤先輩にもご参加いただきました。
IMG_8500.JPG


例会では、最初に自分の性格タイプを知ろう!ということで
アイスブレイクを実施。コーディネーターを務めるのは、3月まで当会で活動し
今回協力員として参加いただいた岡田慶樹さん。
IMG_8519.JPG

場も暖まったところで、早速「THE ネゴシエイター」に入ります。

IMG_8523.JPG IMG_8534.JPG

IMG_8528.JPG IMG_8526.JPG

「交渉術の基本と実践」と題し、担当委員長の工藤君がまず説明を行います。
交渉の種類や交渉のための基本的なスタンス、そして交渉前の準備など、
交渉によって最終目標を達成するために必要な術を学びました。

その後は早速実践!
2人1組となり「勧誘する側」「勧誘される側」を決めて、JCへの入会を目的とした交渉を実践。
テーマは3つで、それぞれJCに入会できない理由を設定。
@「お金が無いから入れない」
A「時間が無いから入れない」
B「本人は入る気まんまんだが、会社の社長がGOサインを出さない」
という、実際の勧誘でもよくあるパターンで、いざ交渉!

IMG_8544.JPG IMG_8550.JPG

IMG_8558.JPG IMG_8546.JPG

熱意ある訴えにあっけなく陥落する人もいたり、うまく話をまとめられなかったりと結果はいろいろ。
特に、テーマBは「対社長での交渉」だけに、難しさも倍増。
実践終了後には、グループ毎に良かった点、悪かった点などを洗い出し、それぞれ発表しました。

IMG_8566.JPG IMG_8572.JPG

最後に、富田監事の講評で締めくくりました。
IMG_8580.JPG

本例会にご協力いただいた岡田さん、
ご参加くださいました特別会員の千葉先輩、加藤先輩、
オブザーブとして忙しい中来てくれた五十嵐君、ありがとうございました。

IMG_8585.JPG
例会で学んだ交渉術を実践し、会員拡大に向け一層努力してまいります。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 19:26| 事業報告・活動報告

2016年04月19日

4月第一例会・異業種交流会「燃えろ若者!〜動けば変わる、変われば見える〜」

4月18日、士別グランドホテルにて開催いたしました。

本例会は、20〜30代の青年世代の方々をお招きし、まちづくり、地域づくりについて
共に考えるきっかけとすることで、志を同じうする仲間の発掘を目的として実施しました。

4月第一例会ポスター.jpg

講師は、日本JCシニア・クラブ世話人兼拡大支援委員会委員長の、上田博和先輩。
上田先輩は、22歳で株式会社清王サービスを起業し、4人から始まった会社を
800人まで拡大した方で、社団法人小田原青年会議所の現役時代には日本JCの
総務委員会委員長、顧問、専務理事など数々の要職を歴任した熱き男であります。

IMG_0015.JPG

この日は、当会メンバーのほか士別市内の青年世代約40人が参加。
近隣の名寄JC、紋別JCも同世代の若者を引き連れて来市し、
留萌JCの関野エリア長もご出席。計約70人が参加しました。

また、上田先輩とともに平野先輩、大石先輩にもご参加いただいたほか、
士別のシニアクラブから片庭先輩、窪田先輩、岡安先輩も駆けつけてくださいました。

IMG_8346.JPG IMG_8335.JPG

IMG_0027.JPG

苔口理事長の挨拶。

IMG_0007.JPG

総務先進委員会、吉田委員長による趣旨説明、講師紹介の後、
早速上田先輩の講演スタート!

IMG_0048.JPG

講演で上田先輩は、ご自身の経歴と合わせて株式会社清王サービスの起業、成長、
そしてこれまでのさまざまな苦難や成果を情熱あふれる言葉にのせて講話。

また、代表を務める「夕張再生の会」について、再生団体となった夕張市をどのように
盛り上げてきたのか、そしてどんな活動をしているのかを話されました。

IMG_0053.JPG

「情熱伝道師」の異名をとる上田先輩。
燃えさかる炎のような上田先輩の言葉に、参加者は皆引き込まれます。

IMG_8367.JPG

上田先輩は、まちづくり、地域づくりについてこう訴えました。

「いま、2040年には896の市町村が消滅するという話があるが、
そこに士別も入っている。でも、皆は本当にそれでいいのか?
まちづくりは確かに大変だし、成し遂げるには50年100年かかる。
だからこそ、それをつないでいかなきゃならない。
戦後の焼け野原からわずか20年で奇跡の再生を果たした当時の日本を支えたのは、
戦争から帰ってきた若者達だ。
そして、多くの若者が、次の世代の若者達に未来の日本を託して戦争で散っていった。
彼らか信じた次の世代の若者とは誰なのか、それは君達だ」

「お金にかえられないものがある。それは『志』だ。
坂本龍馬は、褌も買えないほど困窮していた。だが、自分の地域、国を思う志があった。
今の若者に足りないのは、この志だ。
となりのアイツがどうであろうが関係ない、皆自分の命を自分で持っているんだから、
自分の決めた道をまっすぐ進んでほしい。そういう人間になってほしい」

「JCで活動していれば、必然的に地域のことを考えるようになっていく。
そういう人間が20人いるか50人いるかで、士別の未来が変わる。
50人いた方が、いい未来を創ることが出来るに決まってるんだ。
1人だけだったらただの愚痴も、10人いれば声になり、
50人になれば絶対に地域が動く。
もし、地域でこんなことをやってみたいと考えている人がいたら、
ぜひ地域を変える先頭に立って、一緒に走ってほしい」

 
また、上田先輩はJCメンバーにも訴えます。

IMG_0058.JPG

「君達がつけているバッジは、誰かに押し付けられたものでも拾ったものでもない。
これは、サムライのバッジだ。誇りをもって地域を動かしてほしい。
2040年に、絶対に士別をなくさないという覚悟をもって、進んでほしい」

IMG_0033.JPG

講演は約1時間でしたが、時間がたつのも忘れるくらいの白熱した講話でした。
ついでに、引き込まれすぎて後半写真を撮るのも忘れました(笑)

講演後には、会場を移して懇親会を開催。
福島直前理事長が乾杯の音頭をとり、上田先輩や参加者、JCメンバーで語り合いました。
IMG_8394.JPG

IMG_8384.JPG IMG_8412.JPG

IMG_8413.JPG IMG_8407.JPG

最後の締めは、富田監事。

IMG_8425.JPG IMG_8432.JPG

本例会にご参加くださいました青年世代の皆様、名寄JC、紋別JCの皆様、
関野エリア長、そしてご講演くださいました上田先輩、
駆けつけてくださいましたシニアの方々に感謝申し上げます。

posted by 輝く総務情報発信委員会 at 14:01| 事業報告・活動報告

2016年03月30日

3月例会「士別青年会議所の歴史 ヒストリア」

3月29日、士別商工会館にて開催いたしました。
来年度に迫った当会の創立60周年。この記念すべき年に向け、
会員の意識を高めていこうというのが本例会の趣旨です。

IMG_8272.JPG

周年とは何か、周年で行うことは何か、そして周年で何を目指すのか。
これまでの歴史を、多くの先輩の言葉や写真と共に振り返りながら、
会員全員で考えました。

例会担当は、創立60周年準備会議。議長を務める尾崎文映君が説明します。
IMG_8278.JPG

例会は2部構成で、第1部では当会60年の歴史を振り返ります。
士別の歴史や当時の社会情勢なども合わせて、当会がどんな運動を行っていたか、
そして過去の周年はどんな思いでどのようなことを行ってきたのかを解説。
調査は議長と3人の副議長が担当し、それぞれ発表しました。

IMG_8290.JPG
1980年代を中心に、サフォーク運動や豊田JCとの友好JC締結について
調べた太田副議長。

IMG_8293.JPG
1990年代に迎えた35周年、40周年について調べた鈴木副議長。

IMG_8300.JPG
2002年から現在までの、45周年、50周年、55周年について
調べた吉田副議長。

議長や副議長の話に耳を傾ける、会員たち。
また、本例会には特別会員の萩尾先輩、加藤先輩にもご参加いただきました。
IMG_8282.JPG IMG_8285.JPG

IMG_8283.JPG

第2部では、第1部で学んだ士別青年会議所の歴史を踏まえて周年の意義を再認識。
周年を「未来への道標を皆で創り上げるための節目の年」とし、
過去の歴史に感謝して現在の我々がしっかりと継承し、それを以って
5年後、10年後の未来への道標を創る。それが、我々の意気込みにつながります。

IMG_8303.JPG IMG_8305.JPG

最後に富田監事の講評をいただき、例会を締めくくりました。
IMG_8312.JPG

例会終了後の2次会でも、周年に向けて大いに語らいました。
IMG_8318.JPG
来年の創立60周年をすばらしいものにするためにも、
会員一同一丸となってまい進してまいります。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 13:02| 事業報告・活動報告

2016年02月20日

大雪会議

2月13日(土)旭川の地にて「2016年度 大雪会議」が開催されました。

同会議は公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会の主催。
毎年この時期に開催され、道北エリアの10LOMが一堂に会します。
道北エリアに所属する各LOMメンバーの資質向上を目的とした研修事業のほか
今年度入会者を対象とした道北アカデミー塾の開校式が行われました。

道北エリア会議には、苔口理事長が出席。
また、出向役員として富田監事が議長として、鈴木副委員長が幹事として運営に務めました。
IMG_8122.JPGIMG_8121.JPG

今回の研修セミナーは3部構成となっており、第1部は講演会、第2部はパネルディスカッション、第3部は座談会を実施。
日本JCシニアクラブ 拡大支援委員会より委員長 上田博和先輩をはじめといたします中井保輝先輩、西原忠彦先輩、渡辺泰弘先輩、大石昌明先輩、土井猛先輩、北野数馬先輩が旭川の地にお越しいただきました。

第1部は、(一社)坂出青年会議所OBの中井保輝先輩による講演「未来を輝かすリーダーへ!!〜拡大なくして成長なし!」が行われました。
IMG_8179.JPG
講演で中井先輩は、自身の経歴を交えながら会員の拡大について講話。
「JCに参加するまで、金銭的な問題や仕事、家族などを理由に二の足を踏む人も多いが、そういった人たちも巻き込むために覚悟と責任を持ってほしい。大きいことをやるには人数が不可欠だ」と中井先輩。
IMG_8181.JPG
また、「『自分たちはこんな成果を出したんだ』と誇れる運動をするためには、気概と覚悟が必要。中途半端ばかりするLOMは、いずれなくなっていく。理事会で厳しい審議を経てこそ、それが次代へと継承されていく」と語りました。

続く第2部では、中井先輩、(一社)尼崎青年会議所OBの西原忠彦先輩、そして昨年も講師としてお招きした(一社)小田原青年会議所の上田博和先輩に、我らが道北エリア担当副会長の関野紘史君を加えた4人によるパネルディスカッション「妥協なき挑戦!!」が行われました。
IMG_8189.JPG
コーディネーターは、(一社)栗山青年会議所OBの渡辺 泰弘先輩
IMG_8191.JPG

議論のテーマは会員拡大で、まずは関野副会長が3人の先輩に現在の道北エリアの現状と課題を提起。そして、その問いかけに先輩方が応えました。
IMG_8202.JPG
西原先輩「会員数減少という問題を前に、理事長やエリア長がいくら意識が高くても他のメンバーに伝わらなければ意味がない
IMG_8205.JPG

上田先輩「何のために地域にJCがあるのかをしっかり理解して。量は質に変わるが、質は量に変えられない。道北に必要なのは、まず量だ。そのためには、理事長が目標人数を決めること」
IMG_8204.JPG
中井先輩「道北エリアには1名のところもあり、本当に大変だと思うが頑張ってほしい。北海道のJCが元気になれば、全国のJCに勢いがつく」
IMG_8212.JPG
3人の先輩方からは、数々の厳しくも暖かいお言葉、そして各理事長とアカデミー塾生には激励のお言葉を賜りました。

第3部では、拡大ワークショップ座談会「有言実行!!」が行われました。
道北エリア理事長、副理事長、専務理事、道北各地会員会議所メンバー席に分かれ、各々のテーブルにて会員拡大についての効果的な手法、メンバーに拡大運動に対しての意識向上や、自ら率先して行動に移すための意義、意味等の疑問を投げかけ問題血に向けてご教授賜りました。
その後、道北各地理事長様が拡大に向け必達目標を掲げられました。
IMG_8221.JPG
最後に大魂心会が行われ、道北の更なる躍進を目指して、酒を酌み交わしLOM同士の交流を深めました。
IMG_8229.JPGIMG_8248.JPG
IMG_8243.JPGIMG_8236.JPG
IMG_8256.JPG
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 12:09| 事業報告・活動報告

2016年02月10日

第61回しべつ雪まつり(2日目)

2月7日、第61回しべつ雪まつりの2日目は、
恒例の国際雪ハネ選手権。今年で第17回目の開催です。
IMG_7829.JPG

担当委員長の太田壽一君。
昨日の酒を消化しながら、早朝から先頭に立って動きます。
IMG_7610.JPG

今大会では、一般の部24チーム、女子の部7チームの計31チームが参戦。
市外からの参加者も多く、賞金獲得を目指して戦いの火蓋が切って落とされました。
IMG_7643.JPGIMG_7648.JPG
IMG_7655.JPGIMG_7662.JPG

この日は、午前中は晴天だったもののどんどん雲行きが怪しくなっていき、
昼ごろには雪が降り始めました。決勝戦では風も出て吹雪に。
近年は毎回極端な天気に見舞われる選手権ですが、今年はめまぐるしい空模様。
IMG_7672.JPGIMG_7776.JPG
IMG_7967.JPGIMG_0123.JPG

運営では、今年も多くの皆様に協力をお願いし、手伝って頂きました。
IMG_7801.JPGIMG_7800.JPGIMG_7817.JPG
IMG_7804.JPGIMG_7827.JPG

そして、今回もやってきましたお隣の名寄青年会議所メンバー。
桑原理事長をはじめ、腕っ節に自身のある仲間を引き連れ参戦!
IMG_7885.JPG

IMG_0099.JPGIMG_0103.JPG
  「うおおおぉぉぉぉーーーーっ!!」         「よし、交代だ!!」

IMG_0104.JPGIMG_0105.JPG
  「さぁ、頑張る…って、ちょ、」         「テメェ、何すんだこのヤロー!」

IMG_7887.JPG
仲間割れ(笑)しつつ、最後まで健闘した名寄JCチーム。
惜しくも準決勝で敗退しましたが、出場いただき本当にありがとうございました。

女子の部決勝は
「サイボーグ裕美が選んだ精鋭4人組」(旭川)
「BTK48」(士別)
「とにかく明るい南小娘」(士別・愛別)
の3チームで争われ、昨年優勝を逃した「BTK48」が2年ぶりに優勝。
ベストパフォーマンス賞は「なかっぴー’s」(旭川)が獲得しました。
IMG_8099.JPG

一般の部決勝は
「穴掘三等兵」(旭川)
「ここほれワンチャン」(留萌・増毛)
「野外除雪システム」(旭川)
の3チームで対戦し、昨年優勝者の「穴掘三等兵」が2連覇を達成。
ベストパフォーマンス賞は「安心してください!南小ですよ!!」(士別・旭川)が獲得。
IMG_8108.JPG

最後は吹雪の中での表彰式でしたが、無事大会を終えることができました。
これもひとえにご参加いただいた出場チームの皆様をはじめ、ご来場いただいた市民、ご支援ご協力いただいた市内各関係機関、地元企業、当会OBなど多くの皆様のおかげであり、深く感謝申し上げます。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 15:56| 事業報告・活動報告