2008年10月21日

10月例会 〜和敬清寂の魂〜 『茶道体験で精神修練』

  10月21日19:00より、市民文化センター和室にて10月例会を開催いたしました。

  この例会は日本古来の文化である茶道を体験することにより、礼儀、作法を学びながら、メンバーの資質向上を図る事を目的として、総務研修委員会が準備をして参りました。


10reikai_1.jpg 10reikai_3.jpg
10reikai_4.jpg 10reikai_5.jpg


  講師には7歳の頃より茶道を始められ、現在もご自宅で茶道のご指導をされている表千家教授奥村宗弘先生を初め、4名の皆様をお迎えし、茶室への入り方から始まり、お菓子やお茶のいただき方について詳しくご説明をいただきました。

  緊張した雰囲気の中、メンバーは足の痺れも忘れ、熱心に説明に聞き入りました。


10reikai_6.jpg 10reikai_8.jpg

10reikai_7.jpg 10reikai_9.jpg


  奥村先生自身、まだ勉強が必要だと言われる程大変奥が深いこの茶道を体験し、メンバーそれぞれが何かを感じ取り、今後に生かしていただけるものと思います。

  お忙しい中、本例会に際しまして様々なご準備と細かいご指導をいただきました講師の皆様に深く感謝を申し上げます。

《講師の皆様  奥村宗弘教授、粟野宗美教授、三野志津子さん、徳竹和美さん》


10reikai_2.jpg

  また、本例会では北星信用金庫士別北支店勤務の伊深浩光君の入会セレモニーが行なわれ、今後は共に活動に参加したいと挨拶が述べられました。
【金子 博之】

posted by 総務委員会 at 11:05| 2008年度 事業報告・活動報告