2018年02月09日

【御礼】第63回しべつ雪まつり

笑顔溢れるまち創造委員会 委員長 小酒井 基



しべつ雪まつりを終えて約ひと月半、無事に最終実行委員会も滞りなく終えようやく安どの気持ちを持っている次第でございます。


11月初めの準備段階から雪まつりまでの三か月間、自身初めての委員長と事業に右往左往している中で先輩諸兄からの叱咤激励、各諸団体様からのお手伝いでこのしべつ雪まつり、国際雪ハネ選手権が成り立っているものだと改めて気づかされました。この事業を通して仲間の大切さ、そして各諸団体との連携の大事さを痛感したところであります。


至らぬ所、反省点は多々あったかとは思いますが1日目のイベント「トライ!ア・スノー」では子供たちだけではなく親御さんの笑顔の創出、そしてメインイベントでもあります「第19回国際雪ハネ選手権」でも各チームの迫力ある活躍、観戦者の熱気あふれる応援と肌で感じ取れてとても楽しく運営させていただきました。


この事業を糧に今年最後のJC生活ではありますが今後の事業などに邁進していく所存でございますので、これからも暖かく見守っていただけると幸いです。


最後に運営に携わっていただいた各諸団体、先輩諸兄、そして一緒に運営してくれたメンバーたちに感謝の気持ちを持って御礼の挨拶にしたいと思います。



皆様本当にありがとうございました!

posted by 総務委員会 at 00:00| 2018年度 運動報告