2016年07月26日

6月例会「新たな10年を描こう 未来への道標

6月28日、士別市民文化センター1階研修室にて開催いたしました。
士別青年会議所が来年創立60周年を迎え、今後10年を見据えて新しく運動方針を策定していく趣旨で、
本例会を開催しました。

IMG_9296.JPG
苔口理事長の挨拶

IMG_9303.JPGIMG_9309.JPG
新入会員の五十嵐翔悟君(左)と宮本直樹君(右)

IMG_9326.JPG
例会担当は、創立60周年準備会議。議長を務める尾崎文映君が説明します。

例会は2部構成で、第1部では3つの班に分かれて、会議体副議長の進行によるグループワーク方式で
今後10年を見据えた当会の展望や当会に望むこと、まちの未来予想図などを自由な発想で語ってもらい、
メンバー同士が互いの思いを理解・共有するとともに、当会が目指すべき方向性、目指したい方向性を議論しました。
そして士別を更に発展させるための、10年後を想定した当会の運動方針とテーマを各班に作成していただきました。

IMG_9333.JPGIMG_9334.JPG
IMG_9335.JPGIMG_9336.JPG
IMG_9351.JPG
第1部ではメンバーから多くの意見を出してもらうために、メンバー全員により当会の10年後を想定したアンケート調査と
市民100人ほどから士別と青年会議所にたいする意識調査アンケートを取り、共に士別と士別青年会議所に何を求めているか、
青年会議所が何をすべきかメンバー一人ひとりが意見を確りと発言し、意見を共有しあうことで周年に対する意識喚起にも繋がりました。

また、本例会には特別会員の千葉先輩、萩尾先輩、加藤先輩にもご参加いただきました。誠にありがとうございました。
 
IMG_9361.JPGIMG_9377.JPG
IMG_9383.JPG

第2部では、第1部で作成した各班の運動方針やテーマを発表いただき、
この3つの方針から、更に意見を集約し統一するための議論を重ねました。
メンバー全員が士別をより良くするために、熱い意見を打ち出しました。
IMG_9397.JPG
ファシリテーターには吉田副議長
 
本例会終了時には一つに纏めるのには至りませんでしたが、この各班から出た方針を当会議体で持ち帰り、士別を更に発展させる新たな運動方針を候補として構築することができました。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 22:51| 事業報告・活動報告