2016年02月20日

大雪会議

2月13日(土)旭川の地にて「2016年度 大雪会議」が開催されました。

同会議は公益社団法人日本青年会議所 北海道地区協議会の主催。
毎年この時期に開催され、道北エリアの10LOMが一堂に会します。
道北エリアに所属する各LOMメンバーの資質向上を目的とした研修事業のほか
今年度入会者を対象とした道北アカデミー塾の開校式が行われました。

道北エリア会議には、苔口理事長が出席。
また、出向役員として富田監事が議長として、鈴木副委員長が幹事として運営に務めました。
IMG_8122.JPGIMG_8121.JPG

今回の研修セミナーは3部構成となっており、第1部は講演会、第2部はパネルディスカッション、第3部は座談会を実施。
日本JCシニアクラブ 拡大支援委員会より委員長 上田博和先輩をはじめといたします中井保輝先輩、西原忠彦先輩、渡辺泰弘先輩、大石昌明先輩、土井猛先輩、北野数馬先輩が旭川の地にお越しいただきました。

第1部は、(一社)坂出青年会議所OBの中井保輝先輩による講演「未来を輝かすリーダーへ!!〜拡大なくして成長なし!」が行われました。
IMG_8179.JPG
講演で中井先輩は、自身の経歴を交えながら会員の拡大について講話。
「JCに参加するまで、金銭的な問題や仕事、家族などを理由に二の足を踏む人も多いが、そういった人たちも巻き込むために覚悟と責任を持ってほしい。大きいことをやるには人数が不可欠だ」と中井先輩。
IMG_8181.JPG
また、「『自分たちはこんな成果を出したんだ』と誇れる運動をするためには、気概と覚悟が必要。中途半端ばかりするLOMは、いずれなくなっていく。理事会で厳しい審議を経てこそ、それが次代へと継承されていく」と語りました。

続く第2部では、中井先輩、(一社)尼崎青年会議所OBの西原忠彦先輩、そして昨年も講師としてお招きした(一社)小田原青年会議所の上田博和先輩に、我らが道北エリア担当副会長の関野紘史君を加えた4人によるパネルディスカッション「妥協なき挑戦!!」が行われました。
IMG_8189.JPG
コーディネーターは、(一社)栗山青年会議所OBの渡辺 泰弘先輩
IMG_8191.JPG

議論のテーマは会員拡大で、まずは関野副会長が3人の先輩に現在の道北エリアの現状と課題を提起。そして、その問いかけに先輩方が応えました。
IMG_8202.JPG
西原先輩「会員数減少という問題を前に、理事長やエリア長がいくら意識が高くても他のメンバーに伝わらなければ意味がない
IMG_8205.JPG

上田先輩「何のために地域にJCがあるのかをしっかり理解して。量は質に変わるが、質は量に変えられない。道北に必要なのは、まず量だ。そのためには、理事長が目標人数を決めること」
IMG_8204.JPG
中井先輩「道北エリアには1名のところもあり、本当に大変だと思うが頑張ってほしい。北海道のJCが元気になれば、全国のJCに勢いがつく」
IMG_8212.JPG
3人の先輩方からは、数々の厳しくも暖かいお言葉、そして各理事長とアカデミー塾生には激励のお言葉を賜りました。

第3部では、拡大ワークショップ座談会「有言実行!!」が行われました。
道北エリア理事長、副理事長、専務理事、道北各地会員会議所メンバー席に分かれ、各々のテーブルにて会員拡大についての効果的な手法、メンバーに拡大運動に対しての意識向上や、自ら率先して行動に移すための意義、意味等の疑問を投げかけ問題血に向けてご教授賜りました。
その後、道北各地理事長様が拡大に向け必達目標を掲げられました。
IMG_8221.JPG
最後に大魂心会が行われ、道北の更なる躍進を目指して、酒を酌み交わしLOM同士の交流を深めました。
IMG_8229.JPGIMG_8248.JPG
IMG_8243.JPGIMG_8236.JPG
IMG_8256.JPG
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 12:09| 事業報告・活動報告

2016年02月10日

第61回しべつ雪まつり(2日目)

2月7日、第61回しべつ雪まつりの2日目は、
恒例の国際雪ハネ選手権。今年で第17回目の開催です。
IMG_7829.JPG

担当委員長の太田壽一君。
昨日の酒を消化しながら、早朝から先頭に立って動きます。
IMG_7610.JPG

今大会では、一般の部24チーム、女子の部7チームの計31チームが参戦。
市外からの参加者も多く、賞金獲得を目指して戦いの火蓋が切って落とされました。
IMG_7643.JPGIMG_7648.JPG
IMG_7655.JPGIMG_7662.JPG

この日は、午前中は晴天だったもののどんどん雲行きが怪しくなっていき、
昼ごろには雪が降り始めました。決勝戦では風も出て吹雪に。
近年は毎回極端な天気に見舞われる選手権ですが、今年はめまぐるしい空模様。
IMG_7672.JPGIMG_7776.JPG
IMG_7967.JPGIMG_0123.JPG

運営では、今年も多くの皆様に協力をお願いし、手伝って頂きました。
IMG_7801.JPGIMG_7800.JPGIMG_7817.JPG
IMG_7804.JPGIMG_7827.JPG

そして、今回もやってきましたお隣の名寄青年会議所メンバー。
桑原理事長をはじめ、腕っ節に自身のある仲間を引き連れ参戦!
IMG_7885.JPG

IMG_0099.JPGIMG_0103.JPG
  「うおおおぉぉぉぉーーーーっ!!」         「よし、交代だ!!」

IMG_0104.JPGIMG_0105.JPG
  「さぁ、頑張る…って、ちょ、」         「テメェ、何すんだこのヤロー!」

IMG_7887.JPG
仲間割れ(笑)しつつ、最後まで健闘した名寄JCチーム。
惜しくも準決勝で敗退しましたが、出場いただき本当にありがとうございました。

女子の部決勝は
「サイボーグ裕美が選んだ精鋭4人組」(旭川)
「BTK48」(士別)
「とにかく明るい南小娘」(士別・愛別)
の3チームで争われ、昨年優勝を逃した「BTK48」が2年ぶりに優勝。
ベストパフォーマンス賞は「なかっぴー’s」(旭川)が獲得しました。
IMG_8099.JPG

一般の部決勝は
「穴掘三等兵」(旭川)
「ここほれワンチャン」(留萌・増毛)
「野外除雪システム」(旭川)
の3チームで対戦し、昨年優勝者の「穴掘三等兵」が2連覇を達成。
ベストパフォーマンス賞は「安心してください!南小ですよ!!」(士別・旭川)が獲得。
IMG_8108.JPG

最後は吹雪の中での表彰式でしたが、無事大会を終えることができました。
これもひとえにご参加いただいた出場チームの皆様をはじめ、ご来場いただいた市民、ご支援ご協力いただいた市内各関係機関、地元企業、当会OBなど多くの皆様のおかげであり、深く感謝申し上げます。
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 15:56| 事業報告・活動報告

2016年02月09日

第61回しべつ雪まつり(1日目)

2月6、7の両日、市内中央公園特設会場にて第61回しべつ雪まつりが開催されました。
IMG_0008.JPG
今年の雪像は、人気アニメ「妖怪ウォッチ」と「さほっち」のコラボレーション
「羊怪サホッチ」。

初日の6日、士別青年会議所では小学生を対象とした「わんぱく雪合戦」を企画。
ルールは雪合戦連盟が定める規則に準じたもので、玉よけとなる「シェルター」も制作。
IMG_7081.JPG

午前11時半から雪像引渡し式、安全祈願祭が行われ、いよいよ正午にまつり開幕!!
IMG_0016.JPGIMG_0020.JPG

雪合戦には、小学生19チーム計57人が出場。
IMG_7098.JPGIMG_7101.JPG
IMG_7106.JPGIMG_7117.JPG
1年生から6年生まで、優勝を目指してたくさんの子供たちが集いました。

IMG_7144.JPGIMG_7152.JPG
選手宣誓、そして担当の太田委員長によるゲームの説明。

いよいよ雪合戦開幕!!
IMG_7254.JPGIMG_7271.JPG
IMG_7258.JPGIMG_7264.JPG
IMG_0056.JPGIMG_0065.JPG
壁越しに雪玉を投げあい、白熱したバトルが展開されました。
2人のサポートで1人が突っ込み旗を奪取したり、3人アウトにしたりと勝敗もさまざま。

低学年の部優勝は「SSS」チーム。親御さんが代わりに表彰状を・・・
IMG_7382.JPG・・・って鈴木副委員長かい!

中学年の部優勝は「雪合戦だいすき」チーム。
IMG_7386.JPG

高学年の部優勝は「YSKモンスターズ」チーム。
IMG_7388.JPG

また雪合戦会場の横では、試合の空き時間を楽しんでもらおうと雪だるま作りを実施。
IMG_7327.JPGIMG_7286.JPG
IMG_7274.JPGIMG_7364.JPG

雪だるまではなく「血だるま」を作る人も・・・。
IMG_7367.JPG

つくった雪だるまは、ステージに並ぶアイスキャンドルの横に設置し、ライトアップ!
IMG_7404.JPG IMG_7400.JPG
たくさんの子供たちにオリジナリティ溢れる雪だるまをつくっていただきました。

1日目の最後は、花火の打ち上げ。
翌日の国際雪ハネ選手権の盛会を祈って、キリリとしばれる士別の夜空を彩りました。
IMG_7511.JPG IMG_7523.JPG IMG_7547.JPG

これにて1日目は終了です。 (2日目に続く)
posted by 輝く総務情報発信委員会 at 18:02| 事業報告・活動報告